ラフィとあみの帰ったらごはん(18歳ラブラドール日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも16歳だったのは23日間でした。16歳6か月でラフィが居なくなり、現在18歳アミーゴの日記になります。

タグ:高齢犬」

CIMG8665CIMG8671
寒い朝ですが、快晴です。
18歳のシッコスタイル。上等です!
(家の中ではトイレで寝そべったままでさせていますが(笑)

20日月曜日午後4時の予約健診でした。
そろそろ外部に出す血液検査を考えていましたが、
前々日の下痢もあり、院長は院内で見てくれました。
下痢止めも1回限り。翌日には普通のうんが出ていましたので、
そんなに心配はしていなかったのですが、
炎症反応CRPは基準値の倍。
BUNは 先月41 今回36 (基準値7-27)
K(カリウム)先月6.3 今回5.9 (基準値3.5-5.8)
ナトリウムが143 (基準値144-160)
あとは、毎回少々貧血気味です。 
肝臓の血液数値には異常がありませんでしたが、
エコーでは肝臓に嚢胞があることがわかりました。
体液か血液がたまっている状態のようです。
経過観察で、嚢胞の周囲に変化が起これば悪いものになるかも。
検査はCT。  ナンセンス。。 やるつもりはありません。
年齢が進むと、自然発生的になにかしらあります。
そんな感じで見守っています。

食欲の衰えもなく元気です。
体重 29.1kg


母ちゃん、あみは苦しむ前に俺が面倒みるから心配
すんな。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

プロコリンというプロバイオティクスサプリをすすめられました。
CIMG8676

何の苦もない楽しい食餌つくりでしたが、
涙の時間になりました。

CIMG7154
馬肉30(悲しい!)柔らかご飯35g、野菜パテ
ビタミン、サプリ、
おやつは
ジャガイモ蒸してつぶして、無塩バター少々で
香り付け→丸めて 軽く焼く
あるいは、卵白泡立て、くず粉+はちみつ少々で軽く焼く
煮リンゴ、大根、スープ 甘酒
CIMG7138

待ちきれずあみの悲鳴が聞こえます。
声が出ないので、ヒ~とかすれた音です。
こんな顔して!(どんだけ、ひもじいの?・・・)

CIMG7152

リビングから追放されそうです。。。
お昼は事務所でとるはめに。。(父さんの案)
あみを刺激しないためだそうです(。。
夜は食事の最中なのに、早く2階にいけば?って催促されます。


DSC_1038
何時までも、欲しがるので、なだめに行った父さんが寝かしつけています。
さては、あみを独り占めする作戦か???



母ちゃん、あみ痩せるぜ。いいのか。。。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー
痩せるかなぁ。。。お米は太るよ。

すでに暑い朝です。 ゴミ出しドライブ散歩。
いってらっしゃ~~い!

DSC_1037

あみの頭の中は
母さん=ご飯=母さん♪
キッチン=私のために母さんがおいしいもの作ってくれる♪ 

CIMG6964
今日は外仕事、7時半に出発。
そのため、あみは早い食餌です。
立ってしっかり食べています。
最近は私が一握りにして、お口に入れてやります。
そのほうがお口にすっぽり入り、食べやすいそうです。
「きょうはなぁに?」と 一回舐めてから私を見上げて
にぎり一丁と注文が来ます。

少し早めの散歩になり、プレゼントはなく。。。。
その後、オゾンに出かけた父さんの話では、
体温計の刺激で、先生にプレゼントしたそうです⁽笑
以前には、オゾン注入の最中に。。。。。
その時は、先生、やり直ししてくれました。

CIMG6978CIMG6981
CIMG6982CIMG6984
あれ、れ、立った姿がないですねぇ。

プレゼントのおかげか体重は1kg減!



母ちゃん、リバース、読んだんだろ。結末教えろよ!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

それでは(結末を教えてもいいのだろうか・・)
皆さんは金曜夜の「リバース」
湊かなえさん原作のテレビドラマをみたことはありますか?
偶然見てしまったけれど、続いて見られず、結末が気になり
とうとう本を買ってしまいました。

大学時代の友人4人が10年前、別荘で酒を飲み、
後から来る友人を駅まで迎えに行った親友が、
雪道転落事故で死亡。
4人のうちの一人である主人公に
「殺人者」の告発文が届いたのをきっかけに、
事故の事、親友のことをもっと知ろうと調べ出した結果、
3か月前に知り合った自分の彼女は
実は亡くなった親友の彼女であったことをつきとめる。
差出人不明の「殺人者と書かれた告発ビラ、文書」が4人に
次々と送られ、酒気帯びだということを警察に隠した4人は
10年前のこの事件に悩まされる。
ビラはその彼女のしわざだった。
すべてを語り合った主人公と彼女。そして親友の懐かしい話。
この時、何気なく聞いた親友の蕎麦アレルギー。 

10年前、酒を飲んでいながら駅まで車で迎えに行く事を
引き受けてくれた親友に、主人公が渡した
はちみつ入りのコーヒー。
「ありがとう。じゃあ、行ってくる」。。。。。
親友を殺したのは・・・・・
俺だったのか。

主人公は珍しい蕎麦のはちみつがあることを知ったのだった。

↑このページのトップヘ