夏になると、若犬のラフィは時々避暑地へ出かけました。
それを知らずに探し廻ったことがあります。
CIMG6023CIMG6448
避暑地は自分で作ります。
庭の隅っこのひんやり区域で過ごします。

私は、そんな、犬らしいラフィが大好きでした。
なぜだかホットするのです。
やっぱり、犬だったんだぁってね(笑

私とほとんど会話ができるラフィにほれぼれ♪
自慢のラフィだったんですが。

8月29日夕方でした。
事務所でパソコンに向かっていました。
事務所の戸は閉めています。
戸の外で、ざわざわとあみがこちらに来た気配が。
でも、例のハァハァが聞こえません。
耳を澄ませたら、今度はなにも。。。
そのままパソコンから目を離さず、気も散らさず、
作業をしていたら、右後方でガタゴト。
レオママも何か音がしたと言います。

ラフィが起き上った時の音に似ていました。

「あ、さっきの戸の外の音は、ラフィが近づいた音」
ラフィは私のそばにやっと来てくれたのかな・・・・・

夏の夜の怪談?でした!


母ちゃん、俺の事お化けにするな!!!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ