ラフィとあみの帰ったらごはん(サラとの新生活日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも旅立ちました。 16歳6か月でラフィが居なくなり、アミーゴはその2年後、平成29年12月24日18歳1ケ月18日の生涯でした。   今、Eセターサラと新しい生活をしています。

カテゴリ: 病気・病院

CIMG0097CIMG0087
整備してある芝の広場ではなく
草丈が深いところを好んで、駆け廻るサラ
最近、気になっていた、虫刺され状のぶつぶつが
体の数か所に出てきました。

肛門腺が詰まりやすいので、今日は月一回の通院日。
先生に診てもらったら、「膿皮症」 
すっかり、ダニ、虫さされと思っていました。
「フロントラインは信用していいですよ」
ラフィの経験上は一か所か2か所の膿皮症でした。
こんなにあちこちでは、消毒は現実的ではない。
丸刈りにしてはいかがですか?
「え?それは即決できません。お父ちゃんに聞いてから」
と、普段の私に似合わない答え方をしました(笑
だって、丸裸かのサラを連れて帰ったら????
父ちゃん、卒倒!!するかも。。。。。

まずは、殺菌作用が強いシャンプーで週1,2回洗う。
抗生物質投与は最後の手段。とおっしゃるので、
今日さっそく、お父ちゃんがお風呂でシャンプー。
頑張ってもらわねば(笑

免疫力の問題だとすると、
やはりサラはそんなに若くはないのでしょう。
やりすぎと笑われるので、強いて書いていませんが、
皮膚に関係するビタミンA.B.C.E は、毎日。
青魚も時々。
関節のためにD,コラーゲンも、コンドロイチンも。
オリーブオイルで炒めたすりおろしニンジンも。
何が足りないか、考えてみます。


CIMG0074CIMG0082
CIMG0089CIMG0098
CIMG0100CIMG0107
CIMG0110CIMG0112
昨日、今日の早朝散歩です。毎日変わらない写真ですが。
動きが素早いので、なかなか、写真が撮れません。


お母ちゃん、かゆいの直して!丸裸は恥ずかしいけど、
洋服も嫌いじゃないから、ダイジョブよ!


にほんブログ村

おいしいものを知らないであろうサラには、
いろいろ食べさせようとするのですが、
一旦口には入れるのですが、
初めてのものは必ずポロリと出してじっと観察します。
小さいものしか受け付けません。
ベロは長~~いけど、お口は小さいらしい。

今朝は一日 雨の予報で散歩はあきらめていましたが、
いつもの通り、4時に起きて、リビング入り。

最近は私がリビングに入ると気が付いて起き出すサラですが、
つい最近までは、ぐっすりと眠ったままでしたので
何か、鈍い。。?と気になっていました。
何かに気が付く、感じるのが、ラフィあみに比べて
ワンテンポもツーテンポも遅いのです。
目、耳が少し悪いのかな。。。
動体視力はいいです。

ファーストママさんはこの子の個性ととらえていました。

先日の競技会の時にお聞きしたら
「集中しているときは、一切だめだ」と言われました。
それほど集中してはいない時にも感じる五感の鈍さがあります。
歳のせいではないと思っています。
セターの特性か?
だんだんに私にもわかってくるかな。

昼前に、近くの動物病院に行ってきました。
やはり気になる血液検査。 は、100点満点でした!
爪切りと、肛門腺(痛がりましたが、相当量でました)
心臓も聴診器では異常なし。
体重は1kg減って 22.6kg(理想です)

今日は雨の中お父ちゃんが朝と夕方散歩に連れ出しています。

午後、偶然にパルちゃんのパパママさんが見えました。
犬がいるとも知らずに(笑
ピンポンに吠えたサラにびっくり(笑
大変喜んでくれました。

さて、昨日は幕張海浜公園に行きました。
海岸は東の端から西の端、マリンスタジアムまでの長い距離を
丘を歩いている私を気にしながら、駆けていました。

(写真はクリックしていただければ拡大します)
CIMG0039CIMG0038
CIMG0035CIMG0032
CIMG0026CIMG0022
CIMG0024CIMG0041
CIMG0042CIMG0044
笛の呼び戻しは、まだまだです。
時々、聞こえてないような。。。


お母ちゃん、私明日は、走るわよ~!付いてこれる?

にほんブログ村

当てにしていた水道、どこも水が出ません。
不便なとこにあるトイレだけ。。。
数か所のトイレも故障中の札が。。。。。
砂を落として車に乗せようと、ホースを背負ってます。
散歩バッグのひもに引っ掛け金具を縫い付け、
背中にぶら下げて。。。

CIMG9488CIMG9489
あみの足型(前手)です。歯形を取る材料を使いました。
お友達のモコちゃんのママは歯医者さん。
ラフィの生前から用意していました。
左が前足左右の型どり(柔らかいです) 
右は石膏で完成しました。
陶器にしようか(私は陶芸やってました)どうしようか。。。

CIMG9440CIMG9442


6歳前後に受けたJAHDのラフィの関節の評価です。
ラフィの股関節は90点満点=最重度の88点
どうやって歩いているんだ?と 
獣医をうならせた日本一の数値でした。
肘は0~3(重度)の3 評価。

この数値をはねのけるほど頑張ったラフィは
評価は最悪でも世界でただ一つの私の宝。
我が家のプール、幕張の海で水練にいそしみ、
16歳直前まで自分の足で歩きました。
とてつもない親孝行です。

ラフィの痛かった一生を
私も16年間一緒に痛みながら見てきました。
今も胸の中で涙が流れます。


母ちゃん、もう、涙はいらない!笑って、わらって💛
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

何でも究極を求めすぎる私の嫌な性格の反省点ですが、
ラフィの不名誉なこの数値は必ずしも知る必要はなかったかと。
最悪の事態を知って何ができたのか?
結局楽にしてやれなかったという、トゲがいつまでも
ささったまま。

登録しようと思った時は、遺伝病を減らすためにという
大義名分の自己満足だった。。。
ラフィ自身にはこんなこと何の意味もありません。
この数値を知った私の気持ちが伝染することもあったでしょう。
思えばラフィにはかわいそうなことでした。

痛みのために、土に伏せ、うつろな目で宙を見つめて
小刻みに震えるラフィのそばに居てやることしかできませんでした。

CIMG8665CIMG8671
寒い朝ですが、快晴です。
18歳のシッコスタイル。上等です!
(家の中ではトイレで寝そべったままでさせていますが(笑)

20日月曜日午後4時の予約健診でした。
そろそろ外部に出す血液検査を考えていましたが、
前々日の下痢もあり、院長は院内で見てくれました。
下痢止めも1回限り。翌日には普通のうんが出ていましたので、
そんなに心配はしていなかったのですが、
炎症反応CRPは基準値の倍。
BUNは 先月41 今回36 (基準値7-27)
K(カリウム)先月6.3 今回5.9 (基準値3.5-5.8)
ナトリウムが143 (基準値144-160)
あとは、毎回少々貧血気味です。 
肝臓の血液数値には異常がありませんでしたが、
エコーでは肝臓に嚢胞があることがわかりました。
体液か血液がたまっている状態のようです。
経過観察で、嚢胞の周囲に変化が起これば悪いものになるかも。
検査はCT。  ナンセンス。。 やるつもりはありません。
年齢が進むと、自然発生的になにかしらあります。
そんな感じで見守っています。

食欲の衰えもなく元気です。
体重 29.1kg


母ちゃん、あみは苦しむ前に俺が面倒みるから心配
すんな。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

プロコリンというプロバイオティクスサプリをすすめられました。
CIMG8676

モコちゃん、桜ちゃん、ママさんが来てくれました。
父さんにご挨拶!

CIMG8373CIMG8388

私が風邪気味のため、桜ちゃんはちょっと離れてもらいました。

CIMG8392CIMG8379
玄関に出迎えたあみと♪

朝食の後、ささみのねじりん棒の「マテ!」
「ヨシ」が聞こえないのでいつまでも待ちます。
「マテ」は、身振りで分かります。

CIMG8359


母ちゃん、たまには俺にもねじりん棒くれ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

雨続きでした。
台風は夜中に来て明け方去っていきました。

その間休まず、ドライブ散歩のお二人さん!
関心しますよ、ほんと。

今日は、午前の仕事をあたふたと片付け、午後3時に
定期健診に出かけました。4時予約です。

心臓、脾臓、肝臓のエコーは横ばい、変化なし。だったので、
血液検査は院内で、腎臓主体にやってもらいました。

いつもの事ですが、貧血気味です。
BUN,GLOB,K は少々高めではあるけれど、
年齢を考えると優秀と言っていただきました。
神経質にならないで、ゆったりと過ごします。

2日ほど前から、足が弱ってしまいました。
立って食べだしてすぐにへたり込んでしまいます。
食欲はかわりなく、旺盛です。

雨の日は父さんカメラを置いていきます。
写真無しです。


母ちゃんが撮ってやればいいじゃないか。。。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー
そうだけど、カメラを向ける余裕がないの。。。

足が弱ったせいで、体の向きを自由に変えることが
おっくうになったみたいです。
そろそろ床ずれの事も頭に置いておこう。

CIMG8200DSC_1126


昨日、4時予約定期健診でした。
一緒に行ったのは、モコちゃん、桜ちゃん、ママです。

CIMG8188
小さなスペイドに大きな荷物も積んで
車体が沈んで地面をこすらないかと心配するほど
ぎゅうぎゅう詰め!
モコちゃんも桜ちゃんもお行儀よく乗っていました。
運転は父さん。

15歳の膵炎の寝たりきりの子、38キロのシェパの脊髄麻痺、
フラット12歳の股関節の腫れ、14歳の黒ラブラドール
と、大型犬も多く、知りたがりの私はすべての飼い主さんと
お話ししました。

CIMG8191
手作りの抱っこひも。
ママさん腰にきゅっとサポーターを巻いています。
38kgです。愛すればこそ、ですね。
ママさんの言葉がよくわかるおとなしい子でした。

さて、モコちゃんの事です。
けいれんとふらつきがあり、元気がなくなりました。
10歳以上の子のてんかんは脳腫瘍が疑われる、
という先生の勧めで24日MRIを撮りました。
あみの主治医の専門は腫瘍です。
先生の見立てが当たってしまいました。
2cmの腫瘍が認められ、
転移と思われる小さなものもありました。
MRIの病院でステロイドの注射と、脳圧を下げる薬を飲み、
見違えるほど元気回復して、ママを喜ばせました。

それも
翌日、夜までは薬が持たず、ママが車を離れたときに
けいれんが始まったんです。
すぐに座薬を出してもらい、難なく収まりました。

今日からはステロイドと、脳圧を下げる薬を飲みます。

腫瘍の場所は手術が対応できる位置にあったのですが、
手術をするとママのもとに帰ってこないかもしれない
大きなリスクがあります。
ママは放射線治療を選びました。
週1回、3~4回やるそうです。
高額です。家族に了解を得てすぐに決めました。
ステロイドだけに頼った場合は、
1か月でステロイドが効かなくなるということでした。
麻布大学まで行く事になりますが、遠い。。。
ラフィもあみも行った事があります。

皆さんにお願いがあります。
情報をお持ちの方、経験者がいらっしゃったら、
モコママにつなぎますので、どうぞ、
連絡をいただきたいと思います。



母ちゃん、モコママさんの頼りになってやって!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

あみの血液検査、エコー共に安定しているとのことでした。
年齢相応のゆるみはいろいろありますが、
まぁ、上出来でしょうと言われました。
腎臓はやはり、いけません。
ジャーキーなど、肉の摂取量が 多くなりましたからね。

体重は28.7kg('A`|||)

おはようございます。

やっと、昨日はそのタイミングが巡ってきまして、
前夜と早朝に出なかったので、朝食後を狙ってのドライブ散歩。
8時にゲットした父さんはそのままオゾンへ。

が、しかし、帰宅のエンジンを掛けたらすぐにまた催しました。
手早く注腸する先生でその早業が父さんは気に入りません。

がっかりした父さんは、またもや「無駄だからやめよう」と
言い出しました。
そのくせ、金曜日に予約をしたらしい。
あの先生を狙っています(笑



母ちゃん、ま、やる気ならいいか。。父ちゃん頼むぜ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

新たに「ペット用として表示」されたものがでました。
CIMG7617

かねてよりあみのアレルギー対策のサプリとして
人間用のアレルケアを飲ませていましたが、
結構いい感じで効果がありましたので、今でも続けています。

ペット用もこれまでの人間用と中身は全く一緒ですが、
(しつこく内容物について問い合わせました)
ペットにはペット用の表示をしなければいけないらしい。
これからはペット用にする人も多いと思いますが、
中身もお値段も一緒なら我が家はそのまま人間用で。

あみは、ハァハァだけでは聞いてくれないと知って、
ハァハァの後に、デッキの方を振り返りその動作でも
教えてくれるようになりました。
切羽詰まった時です。
ですから、その時に気が付いても間に合いません。。。。。
あみごめんね、が
最初のおもらしから昨日までに一度ありました。
シッコの時、すぐには中腰になれず、しかもお尻が着きそう。
筋力がなくなる一方です。
大きいほうは、大体一日2度になりましたが、
一回の量が少なくなりました。
朝は、散歩に行く前か、散歩中。もう一回は不定期便です。


母ちゃん、昨日は俺の月命日だったろ?
母ちゃんの部屋に連れてく約束だったのに。。。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー
朝、抱っこしたじゃない。。。

外せない仕事が入り、7月14日の予約を変更して
昨日墨田の病院へ行ってきました。

IDEXX(外部検査)で腎臓、心臓をお願いしました。
そして、すぐにでも知りたい腎臓だけは重複しますが
院内でも診てもらいました。
BUN(尿素窒素)CREA(クレアチニン)PHOS(りん)
三項目とも基準値内でした。
(もともとリンはこれまでも基準値内でした)
CIMG7392CIMG7393
貧血気味です。

院長もニコニコして食事の成果だといいます。
BUNは生肉食の子は少し高めに出るからと
もともと気にしていなかった院長ですが、
クレアチニンの数値がわずかに上がり始め、
先月クレメジンを1個処方されました。
食事後一時間で飲ませようと用意をしておいても、
忘れることしばしば。食事に混ぜてもよいとのことでしたが、
他の薬の飲み合わせの心配もありますので、
製薬会社のHPの説明通りにしました。
このクレメジンカプセルは体重から行くと
何倍ものカプセルになりそうなので、
1個は取るに足りない量です。
お試しというところだったんではないでしょうか。

生肉食で育てた私にとって、
早くこめご飯から抜け出したいと思っています。
今まで一食70gの肉を35gに減らし(時々50g)
やわらかごはんを一つまみと、野菜類で
このひと月をしのいできました。
さて、どうしたものか。。。。。

心臓の専門家の意見も伝えました。
あみの心臓は悪くはない。薬はいらないと。
ラフィの時も同じ心臓の先生は、
薬はいらないという意見でした。
年々徐々に悪く(弱く)なるのを少しでも遅らせるために
働きの手助けとして飲ませていても悪くはないと、
院長は言います。
ラフィは、飲ませ続けました。
あみも飲ませていくことにしました。
検査で異常がなく症状も出ていない内は
飲ませないという選択ももちろんあります。
IDEXXの検査ではあみの心臓は異常値を示しています。
専門医は悪くないとの診断です。はて?????


母ちゃん、あみも俺と同じ薬か。高いしな。ごめんよ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

今朝も朝からムシムシでした。
CIMG7389
うんは出ませんでした。

最近、予約投稿していますので
コメントの行き違いがありましたらごめんなさい。

↑このページのトップヘ