ラフィとあみの帰ったらごはん(17歳ラブラドール日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも16歳だったのは23日間でした。16歳6か月でラフィが居なくなり、現在17歳アミーゴの日記になります。

カテゴリ: 病気・病院

外せない仕事が入り、7月14日の予約を変更して
昨日墨田の病院へ行ってきました。

IDEXX(外部検査)で腎臓、心臓をお願いしました。
そして、すぐにでも知りたい腎臓だけは重複しますが
院内でも診てもらいました。
BUN(尿素窒素)CREA(クレアチニン)PHOS(りん)
三項目とも基準値内でした。
(もともとリンはこれまでも基準値内でした)
CIMG7392CIMG7393
貧血気味です。

院長もニコニコして食事の成果だといいます。
BUNは生肉食の子は少し高めに出るからと
もともと気にしていなかった院長ですが、
クレアチニンの数値がわずかに上がり始め、
先月クレメジンを1個処方されました。
食事後一時間で飲ませようと用意をしておいても、
忘れることしばしば。食事に混ぜてもよいとのことでしたが、
他の薬の飲み合わせの心配もありますので、
製薬会社のHPの説明通りにしました。
このクレメジンカプセルは体重から行くと
何倍ものカプセルになりそうなので、
1個は取るに足りない量です。
お試しというところだったんではないでしょうか。

生肉食で育てた私にとって、
早くこめご飯から抜け出したいと思っています。
今まで一食70gの肉を35gに減らし(時々50g)
やわらかごはんを一つまみと、野菜類で
このひと月をしのいできました。
さて、どうしたものか。。。。。

心臓の専門家の意見も伝えました。
あみの心臓は悪くはない。薬はいらないと。
ラフィの時も同じ心臓の先生は、
薬はいらないという意見でした。
年々徐々に悪く(弱く)なるのを少しでも遅らせるために
働きの手助けとして飲ませていても悪くはないと、
院長は言います。
ラフィは、飲ませ続けました。
あみも飲ませていくことにしました。
検査で異常がなく症状も出ていない内は
飲ませないという選択ももちろんあります。
IDEXXの検査ではあみの心臓は異常値を示しています。
専門医は悪くないとの診断です。はて?????


母ちゃん、あみも俺と同じ薬か。高いしな。ごめんよ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

今朝も朝からムシムシでした。
CIMG7389
うんは出ませんでした。

最近、予約投稿していますので
コメントの行き違いがありましたらごめんなさい。

昨日、あみのアレルギーの皮膚疾患で皮膚科に行ってきました。
4時半予約。オゾンの病院です。
これまでのアイデックス、モノリスの検査表を持参。

皮膚科の先生は「久しぶり」って車まで迎えに来て
抱っこで診察室まで連れて行ってくれました。
「こんなに反応がしっかりしている元気な17歳は初めてです」♪
腎臓サポートのフードの相談をしました。
「そりゃ、手作りよりいいものはない。
肉を減らして、穀類と1:1,1:2にしてやってみて。
続けると、BUNは10は下がるよ。クレアチニンも
リンも」
答えは明快でした。
しかし、太りそうな食事ですよね(笑
全体量を減らさなきゃいけないかな。


実は17年も前に勉強した生食は生肉中心で、
穀類はやりません。
近頃、里芋ジャガイモなどを使ってはいますが。
(今のやり方はどうなんでしょう)
(菜々ママさんに聞かなくっちゃ!)

生肉は半分にして、1:1にするとなると、
肉は35g。。なんだか、かわいそう。。

先生はアイデックス検査のBNP(心臓)が気になって、
腎臓と心臓は密接なので、
心臓の専門医にも食事、薬の相談をした方がよいと
言われました。予約を入れました。
(専門科は再診料だけで3000円です)

皮膚科の先生の説明はわかりやすくて助かります。
あみのお腹は今は消毒のみでOK.
血行を良くする塗薬はかえって悪くするのでやめる。
自己判断で使った抗生剤クリームは、
次回は効かないかもしれない、と。
(耐性というんでしたっけ)
「お腹の皮膚だけなら食物アレルギーでしょう。
接触性だとしたら、胸の方も同じようになるはず。
何か、変わったもの食べましたか?」
パンの切れ端を少し。。。。。)
過去何回も受けたアレルギー検査は先生は宛てにしていません。
やるたびに違った項目がでてくるのは
検査がそれほど確立していないからだと。

長~い期間同じものを食べ続けてみないと
ホントにOKなのかどうかはわからないのだとおっしゃる。
あみの検査では肉類は幸いにもアレルギー反応は出ていない。
しかしそれすらも、先生は信用していない様子。

心臓の専門医は
過去ラフィもあみも薬はいらないといわれました。
今回のあみの高数値になんとおっしゃるか。。。

オゾンもやって帰りました。
若い研修医のような人が注入。
途中、プレゼント攻めにあいまして。。。
やり直してもらいました。
でも、25分後に帰宅したら、今度は父さんにプレゼント。。。
三十分はおならもいけません。今日のオゾンはセーフかなぁ。。。
オゾンはやはり、朝のうちね。


母ちゃん、心臓の先生、俺は世田谷まで通ったんだよね。
遠くて大変だったよね。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

先ほど、主治医と話ができました。
先日の検査結果を聞いた時は
処置中の先生は助手への指示もしながら電話口にでられて
薬のことも詳しくは聞けませんでした。
昨日、聞きたいことをメモしてFAXしておきました。

院長は、
りんの数値が悪いわけではないので、
クレメジンを朝晩1カプセルからはじめて、

ひと月後の検査を見ていくとのことでした。
あみの腎臓がほんとに悪くなっていくのかどうかも
分からない数値だそうです。
「急激に悪くなっていくようなら、皮下点滴も考えましょ」
最初の時は「腎不全、皮下点滴も」って
確かに聞こえましたけどね。
そういう意味だったのかな。

クレメジン1カプセルは200㎎です。
大人で6gですから、1カプセルは大した量ではないので
ほかの薬が一緒でもどうということはないらしいです。
臨床的にも大丈夫ですと。

来月の数値を見てからまた考えます。
悪くなる一方の前兆かもしれないですが。。。。。
と、悲観的に考えて、くよくよしてもしなくても、
あみにはもう限られた時間しかありません。
説明しづらいですが、
気持ちが少しずつ固まってきました。
しっかりと構えて、あみに心配顔を見せないことですね。

この頃時折、可愛い顔で、見えない眼で、
母さんだっけ?ってそばにいる私に鼻面を近づけ確認します♪

薬を減らすためにも腎臓フードは引き続き調べてみます。

そうそう、昨日、自宅に帰ってみると、
玄関先で、父さんと二人の若い女性が話し込んでいました。
市役所と保健所さん。
春の狂犬病注射を確認にきました。
注射猶予届はラフィの場合は
10年前、あみは数年前に出しています。

・・・・・なんで?

★毎年提出なんですって。。。考えてみればそりゃそうだ!
でも死亡届も出したはず。 
なのに、毎年欠かさず、2頭にはがきが来ています。
その場で、また、ラフィの死亡届を書きました。
あみは今年の分を近くの先生が無料で書いてくれました。

来年は。。。ないだろうなぁ。


母ちゃん、俺の死亡届2度も書いたんだね。可哀そうにな。
犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

CIMG7085CIMG7087
CIMG7088CIMG7089
今日もリンゴスープ。
小さな煮リンゴのおやつをもって行きました♪

さて、動物病院開院と同時に
5時半のシッコをもって検査に行ってきました。
得意の3時起き(゚ロ゚;)エェッ!? 待機していました(笑
夜中の1時にシッコしたそうですが。。。。


やはり薄いです。1.014(基準値1015-1.045)
昨日は遅めのシッコでした。1.012

りんの対処を進められました。
近くの病院でカリナール1を注文しました。
あみの体重ではひと箱10日もつのかな?

肉、魚、ヨーグルト、チーズ、、、、、、リン多し!!

これでは私の手作りでは、栄養源が思いつかない。
犬に肉は必須でしょ!

①今まで通りに食べさせて
リン吸着剤、尿素窒素の毒消し薬を存分に使う覚悟を決める。
②アレルギー対応の腎臓ケアフードを見つけて、
サプリ、薬を減らす。(近くの獣医はアレルギー対応は無いと)
③早くから、皮下点滴を初めて、現状維持を引き延ばす。。。
(シッコ検査の先生は、現段階では皮下点滴の必要ないと)
先が見えないあみの年齢を考えてやらないと。

今はとても元気で、お顔にも表情があるし、しっぽもぶんぶん。
ベッドを両の手でパタパタして喜びますし、甘えてきます。
元気があるうちに方針を決めないとね。


母ちゃん、いざという時は俺に任せろ!苦しまないうちに。。。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー
あ~、もうそういうことを言うようになったの。。。。。

昨日の日曜日も現場でした。
あみと父さんが散歩にでかける7時30分ごろ出発。
曇り空で助かりました。

可愛いですねぇ♪  昨日あみが出会ったわんこ。
CIMG7065CIMG7078
CIMG7075
大根入りスープ!

今朝はリンゴスープでした。
CIMG7081CIMG7083


早速調べました。
CIMG7079
肉類は脂身付き皮付きだとリンは減ります。
しかし、いずれにしても肉はリン多し!
ささみもダメですねぇ。
鶏ひき肉は意外と少ないですが、
脂身入りということでしょうね。
今まで肥満防止で皮も脂身も除去していました。

野菜類では意外に南瓜、小松菜も多いほう。
野菜パテ用の蒸し野菜から、南瓜を半分に減らしました。
次回からリンが比較的少ないジャガイモにしようか。。。
(茄子科で関節にはNG)
大根煮、、蒸しキャベツは大丈夫。
パイナップル、スイカ、リンゴは花丸!

なんといっても魚、キノコ類がダメ。痛いです。
チーズもダメ!

リンはまだ異常値を示していないのですが、
クレメジンよりリンの手当てが先だという
先生もいらっしゃいますので、
食品で少し注意して、検査。数値が上がっていれば
即、サプリ購入します。

今回の検診は
最近のブログを見ていたお友達が、
あみの食欲、スープの飲み方、皮膚の異常で、
クッシングを心配してくれましたので、
ちょうど定期健診が近かったし、
夕方4時予約を朝一にしてもらい
クッシングも検査をしたのですが、
腎臓の数値に心配事が生じてしまいました。
我が家は生食です。水分を多く含んでいます。
若い二頭は、心配するほど水分摂取しませんでした。
沢山スープを飲むようになったのは、
腎臓から来ていたのかもしれません。
昨日今日は5~600cc。水はそっぽを向きます。

今朝は、朝一番のシッコは間に合いませんでしたので、
ご飯の後のシッコを採取して近くの病院に持ち込みました。
タンパクとかの異常はなかったんですが、
薄かったんです。比重が低値でした。
明日は朝一のシッコを持って行きます。
6時間内のシッコならok! 
尿素窒素、クレアチニンは
病院内で15分で検査ができるそうです。
場合によっては、間で、近くの病院もありですね。

私も現場が終われば少し暇ができます。
その間に、シッコ検査をやっておきます。


母ちゃん、張り切りすぎだよ。少し休めよ!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー
とラフィが言っているのは、
午後から、あみをフルフルでフルシャンプーしたから?
DSC_1033DSC_1042
あみはいびきをかいて寝ています(笑
去年暮れ、今年4月、そして今日です。 
私があみのシャンプーをしたのは何年ぶりでしょう。
片側を終えると、伏せの体制を取ってくれますので、
何とか全身を洗うことができました。
ドライヤーの後は、
キッチンペーパーで毛の根本・皮膚に残った
湿気をぬぐい取ります。カラッとしますよ!

病院から検査結果のFAXが届きました。
クッシングの疑いは全くなしでした。
ということは、あの食欲は現役ラブの象徴か?
腎臓の数値がちょっと上昇。
心配方向が違ってきました。
年老いた心臓の弱りに比例して循環も悪くなっています。
ベトメディンを続けます。
フオルテコールも今まで通り。
初期の腎臓機能障害。年齢なものでもあるとの事ですが、
手作り食ではリンに気を付けてやらなければいけません。
あみの数値は4.7(基準値2.0~5.3)
食事で注意してと言われました。
リン吸着剤サプリは「レンジアレン」というものが
ネットで買えるからと院長が教えてくれました。
リン含有量大→しらす干し、豚レバー、イワシ、卵黄、
キンメダイ、マグロ、里芋、煮干し
リン含有少→ジャガイモ、くず粉、ご飯精白米、タケノコ、
茹でキャベツ、大根、パイナップル、スイカ、リンゴ、寒天
薬はクレメジンが増えました。
スタッフ犬レオが残した薬の中に、ありました!36個。
朝晩1カプセル一日2個ですから18日分です。
ただし、この薬、便秘になりやすいらしい。
出にくいあみさん、困りましたね。
自宅、皮下点滴の話もちょっと出ましたが、
そこまでしなくも?ということにしました。
高齢を案じての先取り手当?かな。
レントゲンでもまだ腎臓の萎縮は見られないそうです。
次回は、エコーももっと詳しく見ますということでした。
神経質なやり方はしていないあみさんですが、
これからは細かいチェックが必要になりますね。


母ちゃん、母ちゃんの大雑把な性格で、あみ大丈夫かなぁ。。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

昨日は早朝から一日外。帰りもちょっと遅くなり、
あみの夕食5時が8時になりました。
歩数は15000歩。その前の日は1300歩(笑
湯船で寝過ごし、就寝は午前2時。
前日3時起床でしたから、23時間起きていた事になりますね。
今朝は5時半起床で、さすがにゴロゴロとしてました。
明日、日曜日も現場仕事です。
ウイークディに暇して、土曜日か日曜日に仕事する
変則的な生活ペースが続いています。

あみの尻尾の上部に被毛が薄くなった部分があります。
ラフィも自由が利かなくなったころから、同じところにありました。
CIMG6863CIMG6861
お座り伏せの時に尻尾をおなかの下に丸めるので接触刺激性なものだと思っていたら、
院長から真菌(カビ)が発見されたと連絡がありました。
お薬が増えたばかりなので、内服薬ではなくシャンプーの提案が。
コラージュフルフルという人間用を10倍に薄めて使うそうです。
早速ネット注文しました。

改めてみてみると、その範囲は小さくなり、毛も生えかかっています。
インタードッグ、オゾンの効果を期待しましょう。
細胞、免疫に働きかけて老体に活を与えてくれますように!

血液検査の所見をまだ聞いていなかったので
菜々ママさんに背中を押されて(?)今朝8時半に病院に電話をしました。
院長は手が離せないということで、10分後に今一度電話することに。
こう見えて、気が小さい私、朝の忙しい時間帯は? 夕方お疲れでしょうし?と、
躊躇しておりました。

心臓の数値は高齢犬は高く出るけど放置しないで、お薬を
出してもらうことになりました。
ラフィが飲んでいた高価なベトメディンです。
痛いのはかわいそうなので、と痛み止めの薬は
お許しをいただきました。
実は、電話でお話しする前に、朝食後にもう服薬してました。
お断りしておきますが、ロキソニンは人間用です。
どの獣医さんも「NO」
自分の責任において服薬させています。

しかし、今朝の散歩でも歩かなかったそうです。
写真は一枚もなく、早々に帰ってきました。

現行の痛み止めの薬ではもう効果がないほど
痛みの原因が進行しているのでしょう。
左の手を宙でそっとすべらし、着地はつま先で支え、
すかさず右手を前へという歩き方です。

ご飯は最後まで立って食べています。
立ち上がりもすくっと立ちます。
寝返りも、一回立ち上がり、向きを変えたりしています。
相変わらず、テーブルの横にお座りして、
届かなくなりましたが、私の膝を叩こうとします。
とにかく、食欲が止まりません。すさまじいです(怖いくらいです)

二日に一回、卵白2個の軽いおやつを作っていますが、
3日間は楽勝だったのが、今回は1.5日しか持たなそうです。


母ちゃん、あみの痛み止めはもう無いって事かい?
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

ベッドから、玄関の低床専用車(父さんが作ったあみ運搬機)まで
介護胴着のベルトを両手で持って歩かせようとするのですが、
うまく歩調があわず、手が痛い父さんは毎朝難儀しています。
「ラフィは調子を合わせて歩くのがうまかった」と。
あみは、足を動かさず全体重をゆだねてしまっていますから。
(散歩に行くのを喜んでいません)

痛いそぶりを見せなかったラフィ。
「てへ、ばれちゃった?」って、から元気で歩き出すラフィ。
不自由な体になっても、ちゃんとタイミングを合わせて
負担を軽くしてくれたラフィ。
男の子ならではのやさしさかしら♪
子供のころから心配続きで
高額(当時160万円)な手術も一度は予約をしたことがあります。
悩みに悩みぬいて断念しましたが、
今になって思えば手術はしないでよかった。。
その付き合い方もおのずとあみとは違っています。

あみは老齢期になってから 歯の痛み、足の痛み。緑内障の痛み。。。。。
若い時から病気知らずの子が今頃になって。。。。。
小さい時から心配のない健康体でした。
だから、ラフィに集中できました。
そういう意味ではこの子も親孝行な子です。

夕方、刺激法でプレゼントを奪いました(笑)

1週間以上もかかりましたが、やっと血液検査の結果が送られてきました。
心臓のBNPは相変わらず高値  2396(<900)
SDMAは12(0-14)で落ち着いています。薬効かな。
BUN44(9-30)でやや高いのですが、
Cre1.3(0.5-1.4)と基準値内です。

先生の話はまだ聞いていませんが、腎臓は今回の数値ではまずまずです。
心配なのは心臓ですが、お薬が増えるかもしれません。
高齢なので、だんだん心配事は出てくるとは思います。

あみが足を痛がって歩かないのを、年だから、もういいか、と思ってしまえば
それも常識内の判断だと思いますが、
痛い様子を見ていられません。
ロキソニンを飲ませようかと思っています。
今回ALT124(18-93)で高めです。
ALP64(15-162)とこちらは基準値内。
肝臓も前から高めですが、まだ大丈夫かと素人考えです。
用心しながら、1,2回投与してみて改善しなければ今後一切やめるということで
先生に相談します。
今日は院長は非番。明日以降の相談になります。

CIMG6837

CIMG6844
たわいない本を買いました。


母ちゃん、そんな本読んでどうするんだ!笑われるぞ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

今朝も暑くなりそうな予感!
CIMG6683CIMG6685
CIMG6690
マロンちゃんの公園ですが、だんだんと影がなくなってきているそうです。
これからは、場所選びが大変です。
車から降りても日影が続く場所は?????

4時予約に向けて、2時半過ぎ、あみの定期健診に出かけました。
血液検査は院外へ、心臓、脾臓、肝臓のエコーは変化なし。
尻尾の脱毛の真菌検査も2週間後。
でも、ラフィの尻尾も同じところに脱毛があったので、
「年老いて尻尾を丸めてお座り、伏せをしていると床、地面にこすれて
毛が切れていくんじゃないかと思います」と、先生に言ったら、
「物理的な要因が大きいかもしれない」と先生も。

肛門腺の処理もお願いしたところ、出にくかったものが一挙に!
先生に大量プレゼント(笑

しかし、体重が、、、発表できません、ん!!!

現在の状態としては、「この年にしては優秀」をいただきました。
「毛艶、顔つき」申し分なしと♪

年老いて、痩せていくという伝説は必ずしも正しくないそうです。
二通りあって、痩せていく子もいるけど、太っていく子もいるそうです。
だから、あみの場合はダイエットしなくてもいいんじゃない?と(え?♪)

次回1か月先の検査は、暑くなる前に気になるところを
もっと丁寧に検診しましょうということで、
今回は簡単に終わりました。


母ちゃん、昼食ももらえず、夕食も遅くなって、あみ大丈夫か?
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

一日3回にしっかり分けた食事ですが、そうすると一回分が少ない。
夜8時ごろ、「私、食事したっけ?まだだったわ。早く頂戴よ」
って言いに来ます。しつこいしつこい!
ボケばあさんの「嫁がご飯を食べさせてくれない」
のアレです(笑

↑このページのトップヘ