サラとの新生活日記(ラフィとあみの帰ったらごはん)

愛犬ラブラドールが2頭とも旅立ちました。 16歳6か月でラフィが居なくなり、アミーゴはその2年後、平成29年12月24日18歳1ケ月18日の生涯でした。   今、Eセターサラと新しい生活をしています。

カテゴリ: 病気・病院

今朝は5時半、運動公園です。
20200404_054817
20200404_054031
20200404_054044
桜のじゅうたんも良いですね。

暖かくなった最近は6時過ぎではもう、
チラホラわんこさんたちが出勤してきます。
自由ランはできません。
今日は少し早出の朝散歩。
これからは暑くなるし、
暑がりのサラの夏は???(ラフィあみは4時半でした)

病院へは一日早かったのですが、
昨日夕方最終で、エコー検査をしてもらいました。
反応性縫合糸肉芽腫は1週間の投薬では
小さくはなっていませんでした。
プレドニゾロン15mg朝一回
パセトシン375mg朝夕の2回
残念ですが減薬ならず、8日分をもらってきました。
まだまだ、ステロイドとの戦いは続きます。

肉芽腫の怖さは、炎症がひどくなると皮膚に穴が開くほど
血膿がたまります。ダックスが多いそうです。
サラの肉芽腫はどういう状態かわかりませんが、
炎症度合いは小さいのかもしれません。
緩いお腹の検査でたまたま見つけた肉芽腫でした。
まだ、大変な悪さはしていないと思っています。

薬を止めて5年たつシェパードもいるそうですので、
内科治療で経過観察することにしました。
体重22.7kg(変わらず!)
ステロイドの食欲の欲求にはまだ負けてはいないサラまま。
あと一週間が怖いです。
飲水もすごいです。
3回、立て続けに飲みます。
1回飲水後、3秒で2回目、又3秒後に3回目というふうです。


お母ちゃん、お腹がすくので、水で我慢してるのよ!
(ほんと?)
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

20200329_073551
肉芽腫の炎症を止め、小さくするための内科治療とはいえ、
糸状の異物は消えないと思う。
とすれば、この先、炎症がまた起きるだろう。
肉芽腫は膀胱の真上、子宮の上、真後ろには大腸。
下痢に関係ないとは言い切れないのではないかしら。
(素人考えです)
薬治療より手術で除去する方を選んだ子もいると、
お友達から聞きました。腹腔鏡手術だったそうです。
サラの肉芽腫は手術がとても難しい位置なんですって。

今朝からステロイドと抗生物質の投与を始めました。
くいしんぼのサラには試練です。

私にとっても大いなる試練! 明日からが怖いです。

20200329_110717
今朝は雨がかなり降っていました。
散歩には行かず、のんびりしていたら、
雪が舞ってきました。
庭が真っ白。
ほどなく止んで雪もすぐ解けました。
夕方、雨上がりに稲毛の公園に行くと人影もなく、
広場は水溜まりになっていました。
サラは、走り足りなくて、砂浜へ出てまた自由散歩。


お母ちゃん、頼んだわよ。明日はジャーキー一杯よ。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村


あってはならないことが起こりました。
サラと私にとって大事な大事な人が亡くなりました。
その悲報を聞いたときは、声も出ませんでした。

彼女のラインの通信は2月22日が最後でした。
こちらからは、その後写真を送ったり、
一方的なラインでしたが、
彼女のお母さまとはラインは続いており、
僅かではあるけど、回復中という文字を信じていました。

闘病中の彼女を元気づけるために、
ささやかなお願いをしました。
サラを迎えた時に「名前を付けて」と。
考えて考えて沢山候補を挙げてくれたのですが、
一番最初に頭に浮かんだのは「サラsara」だったと。
彼女はサラの名付け親なのです。
だから必ず会いに来てくださいって。
約束したのに。

夜7時過ぎ、病院から電話がありました。
サラのお腹の陰の正体は、「炎症性肉芽腫」
2018年10月の子宮蓄膿症の手術糸への
特殊反応だろうとの事でした。
ガンでなくてよかった。
大きくならないように、
ステロイドと抗生剤で内科治療をします。

お腹の緩いのは関係ないらしい。

今もって柔らかいなら、缶詰を止めてドライフードにして、
と、先生はご多分に漏れず、手作りには理解がない。

一応、おススメの試供品はもらってきますが、
ドライフードに移行するつもりは一ミリもありません。

くいしんぼのサラにステロイドとはねぇ。


お母ちゃん、私、生肉もフードもどっちも大好きよ!
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村
「ふ~~ん。。。そっか!どっちでも。。」
情けないなぁ(笑。。。

20200322_131434
エコー検査をしました。結果、気になる影を発見。
鎮静・瞬き出来る程度の麻酔?で細胞診(お腹に針を刺す)しました。
ふらつきながら帰って、ものすごい食欲で缶詰半分たべて
寝ています。
お腹のちょっと上、剃られています。

今日は三連休皆勤賞の稲毛の広場行を決めていたのに、
朝ごはんを拒否。朝一うんが緩い。元気がない。ので、
様子を見ながら、病院行を決めました。

最初は、3月11日、毎月のお手入れで、病院へ。
先生が肛門処理中にゲリしたとのことでした。
この日、私からお願いした血液検査では、異常なし。
心配なら次回映像診断してみましょうと言われました。
2回目、3月18日、ゆる便検査。下痢止め処方。(院長不在)
そして今日3月22日、映像診断(エコー検査)をしました。
腸の横に何かある。細胞診をするかどうか、
家族会議してくれと言われましたが、
私の独断で即、お願いしました。
細胞診くらいで家族会議? いやに慎重。
先生はサラが14歳かも15歳かもと思っています。
沈静をかけて、針を刺しました。
結果は、もちろん外部の専門の所へ出しますが、
先生の顕微鏡では、細胞が少なすぎるからわからないとのこと。
白血球が多く映るリンパ腫等がん細胞なら、先生も見えるはず。
去年10月16日に子宮蓄膿症の手術をしたので、縫合糸の炎症反応かも?
との話もありました。
エコーの影が、腫瘍で悪性であれば開腹手術もあり。。。

結果は、4,5日先になります。

ゆるうんで病院行って、こんな大ごとになろうとは。
ゲリとは無関係かもしれません。
ほんとのゲリゲリは私自身今日までまだ見ていないんです。
嘔吐もありません。
食欲を心配した先生は消化が良い缶詰を3缶と
今までの下痢止め、1週間分+錠剤を処方。

先生がフラフラのサラを抱えて車に乗せたとたん、
車の中でぐでんぐでんしながら、私を認めたサラは
気が狂ったように、欲しがりました。
(家を出るときに、もしやとカステラを二切れバッグに忍ばせ、
甘酒も持ちました)
サラは飛びつき、あっという間に飲み込みました(笑
甘酒も飲み干し、落ち着きを取り戻し、やっと静かになりました。

家に着いたとたん、足取りも軽くキッチンに潜入し、
私を見上げますので、缶詰半分食べさせました。



お母ちゃん、とっても疲れました。夜はご馳走にしてね。
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村
今日の体重22.7kg
3月11日の体重22.9kg

今朝も運動公園では変わりなく、
走ったり、マテのレッスンしたり。。。

朝一のウンは柔らかめ。

昨日から検便しようと考えていました。
そういえば、しばらくしていませんね。

検査の結果
別に悪いものは見当たらないと言いながら
抗菌薬を処方する。と言われ、悪くないのに抗菌?と尋ねたら、
院長急用で代替えの女性獣医さん、

今朝のうんちは柔らかい。先週から1週間たっている。
2週間続くと慢性になり、治りにくくなります。
栄養の吸収も悪くなります。とのこと。

DSC01777
(昼寝中)

今夜から服用させます。

お母ちゃん、苦いお薬ですって?多分大丈夫よ私。
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

毎朝、起き抜けにしつこくおやつを欲しがるのに
今朝はそれほどでもなかったサラ。
昨夜作ったささみのひき肉を米粉とおからパウダーで
棒状に焼いたものを半分にして差し出しても、
一旦口には入れてもすぐにポイ! おかしい?????

今朝は、落とし物がない(少ない)運動公園にしましたが
走らないので、リードで一周して帰宅。
20200311_063738

庭で一回、公園で一回のうんは健康うんでした。
ただ、庭で一回嘔吐の様だったと父さん。嘔吐物は
無いも等しいほど。

朝食⇒一休み⇒父さんとゴミ出し散歩
帰宅したので、聞いてみるとまぁまぁ普通だったそう。
家の中ではいたって元気。変わりなし。

夕方の散歩も父さんと出かけました。
まぁまぁ普通だったそう。。。
うんも普通。
夕食も元気一杯、飛び跳ねて嬉しそうに食べました。

明日はいつものように走ってくれるかな~


お母ちゃん、心配しすぎじゃない? 
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村
やはり映像診断した方かいいかしら。。

ちょっと変調、3日目です。
明日の様子で考えましょう。

今朝は、帰ったらごはんの公園です。
20200311_062834
(今思えば)↑ ねこふん??いぬふん???

20200311_064554
20200311_064606
20200311_063828
はじめはご機嫌で、ユル走りしては、おやつ貰いに
駆け戻ってくるの連続でした。

ところが、帰るころには、
ユルユル走りになり、おとなしくなりました。
(猫糞でもたべたかな?)
朝一のサラうんは健康うんでした。
「何か少し元気がない」と父さんにサラを託して
(玄関で足ふき担当)朝ごはんの支度。
通常通り、残さずきれいに食べました。
1時間休んで、8時半、ゴミ捨て&散歩に父さんとお出かけ。
気になったので聞くと、「歩きが遅く、元気がない」
お昼にテーブルに着くと、いつもなら、「私も」と
首を出すのですが、横になったまま動きません。
「やはりちょっと変」
脚の毛も長くなり始めたし、ちょうど月一のお手入れ頃。
4時からの病院に行ってきました。
被毛カット終了後、先生が肛門処理していたら、こらえきれずに
出ちゃったと。かなり緩かったので、元気がなかったのは
お腹が痛かったのではないか?とのこと。

診療前にはいつも近くの公園で排せつを済ませますが、
今日は何も出ず。
私も父さんも朝から一回も下痢は見ていませんので、
下痢止めは断り、夜ご飯でミヤリサンを一錠服用させました。
ご飯は冷ご飯に細切れ羊肉。サプリ無し。

明日一日様子見です。

血液検査をお願いしました。体調も心配ですが
手作りなので、栄養面(ミネラルも心配)を気にしてます。
結果はオール基準値内。一安心です。
今の所、体の触診等の先生の所見では異常なし。
心配ならば次回映像診断します。とのこと。


お母ちゃん、お尻が丸見えになったわ。スースーするじゃない!

にほんブログ村
スースーしたのかどうか知りませんが、
違和感だったのかな?
病院の外を少し歩こうとしたら、
いきなり、お尻を地面につけてお座り。
すぐにまた5~6歩歩いて、お尻を着けてお座り。
これを4~5回繰り返しました。「なんだ?」

夜ベッドで、あまりにハーハーして暑がるので、
熱を測りました。
サラ、初体験かな?肛門で測ります。38.9度 平熱。
体重22.9kg(先月と変わらず)

今朝は霧が深く、車は危険!近くの運動公園にしました。
20191030_061924
20191030_061651
20191030_061950
20191030_062653
6時半帰宅。

約束があったので、9時にまた、運動公園へ。
8か月のユパ君。ママさんは訓練もお上手です。
あみと私が楽しんだ、ガンドッグレトリーブトライアルにも
挑戦するそうです。

20191030_093103


前から気になっていた、大小の脂肪腫(とおもわれる)の
ニードル細胞診と内臓の超音波検査をしてもらいました。
なんと細胞診検査対象は9個。
9回針を刺したのに、いい子だったと散々褒められました。
7個は目視でただの脂肪腫、2個は検査の対象。
15分ほどして呼ばれました。
2個ともはっきりしたものは見つからなかったものの、
うち1個は「経過を見ましょう」(心配ないようですが)
内臓のエコー検査も、色むらはあるが、腫瘍らしきものは無し。

体重 23kg(200g減りました)

本日の動物病院診療代は三割負担で1980円。

9個のふくらみを触診して針を刺し、目視で7個の診断。
2個の検査費用しか明細に計上無し、2400円
超音波検査複数臓器 3600円
再診料 600円


お母ちゃん、私が吐いたから?
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村
2度の嘔吐は理由はわかっていました。
私の配慮不足でした。

サラが来た時から、脂肪腫は気になっていました。
超音波検査はラフィあみはしょっちゅうやっていたのに、
ふとサラがやっていないことが気になって。
時間が空いた今日、連れて行きました。
田舎の獣医さんは、控えめなのかしら。
飼い主を差し置いて 検査を進めることはしないらしい。
私のようなぼんやりは、定期検査として促してほしいです。
6~7歳過ぎたら、エコー検査は一年に一回はやったほうが。。
(いいと思います)

昨日は、月一の病院のお手入れの日。
爪切り、肛門処置、耳、フィラリアの薬(2カ月に一度)
関節が固い、歩様の違和感、躓き等が気になってレントゲンを。
関節は手首、かかとあたりを撮ってもらいました。
白いモヤモヤは関節炎、軟部組織の炎症?骨棘も??
時々見る角度で気になる目の白濁は核硬化症。
つまり目の老化。5~6歳から発生するらしい。
白内障とは違って
視力には関係ありません。
それにしても、無数の大きな脂肪腫といい、一見、サラの体は
6歳でありながら、いかにも老犬のそれです。

一体全体、どんな生活をしてきたのか。
粗悪なごはんに手入れ不足、かまってもらえない生活は、
4,5年でこんなにもボロボロになってしまうのか。
子供を産んでばかりで、栄養を持っていかれた結果か・・・

体重は23.5kg
急に太らせないようにと、注意を受けました。
もう1キロ落とせないかなぁ。
ごはんは肉or魚90g1日2回です。
おやつが増えたので減らしました。

8月23日 茜浜
20190823_053200

8月24日 帰ったらごはんの公園・マウンテンバイクのコース
20190824_051543
20190824_05161620190824_051719

8月25日 茜浜の広場東側
20190825_060232
5時45分、茜浜の駐車場を開場しているところへ到着しました。
ラッキー!!  今朝の気温は21度でした。

柔らかいおやつ作りに苦戦しておりましたが、
8月21日に意外なアドバイスをもらいました。卵焼き!です。
おかかを入れて焼いてみました。1㎝角に切りました。
手に持つと、ボロッと崩れます。手にくっつきます。
呼び戻しの時、駆けつけたサラにすかさず、報酬。
いつでも、即、掴んで、準備しておかないといけません。
そのために、おやつ袋を腰にぶら下げています。
掴むときに崩れてはいけません。
そこで、一工夫! 1㎝角の卵焼きを半乾燥させました。
上出来です♪
20190824_223234
卵焼きとは、持ち歩くおやつとしては誰も考えないでしょう。
すごい発想でした。ジャンニスキッキさん、ありがとうございました。
工夫をすればどうにかなるものですね。
新鮮なアイディアには、恐れ入りました!
20190824_222112

もう一つは、前から作っている、マグロのたたきを
棒状に焼いて、カットした物。


お母ちゃん、私からもお礼を言いたいわ。ジャンさんありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

サラ、完全復活です!と報告しようと
ブログをお休みしていましたが、
サラは、まだ良くなっていません。

1月1日の朝に突然発症した眩暈。
4日に主治医に再診察してもらってから、
二日間は安静にして、リビング生活でした。
7日は、短い散歩、
その後は暖かい時間にお父ちゃんと散歩しています。
午前と午後の2回です。
その間、やはり、散歩中パタッと倒れることもありました。
首は昨日までははっきりと左に傾いていましたが、
今日は、見る角度によっては「うん?」
他人は気が付かないかもしれません。

去年10月16日、子宮蓄膿症で大手術。1月1日前庭疾患と続き、
若々しかったサラは、急に一挙に老けてしまいました。
(そういう風に思えてなりません)
食欲もあり、元気は元気なんですが、
なんだか、弱弱しく見えてしまいます。
笑顔は全くありません。

あみが緑内障になったころの感じによく似ています。

そろそろ病院に行って治り具合を見てもらおうと思い、
お父ちゃんと交代して私が試し散歩に行ってきました。
どんな具合かちゃんと報告をするためです。
香澄公園の広場でリードを外してみました。
嬉しそうに、少しだけ緩く駆けました。
すぐにコケました。倒れました。
やっぱり、回復には程遠いなぁ。
DSC00456DSC00465
DSC00473DSC00463
DSC00459DSC00448

病院では、首を左右上下に曲げても眼振がないかしっかりと
診てもらいました。
眼振が無くなったという事はよくなってきているという事。
しかし、首の傾きは後遺症として残るかもしれない。

最近のお腹カイカイの事も
アレルギー??と相談しました。
T首が血で滲むほど舐めまくります。
カイカイ阻止に術後服を着せています。
服で阻止できるなら、そのくらいなら、食事を工夫してみて。
と言われましたが、大変に難しい問題です。
あみの時に苦労しました。
お腹舐め舐めは、5月に来た時もありました。

食事はしばらくカリカリフードでしたが、
少し手作りも入れています。
お腹の調子は悪くありません。が、
なんだか、フードの時はうんちの状態も良く、
生食にすると、緩むようです。

最近カリカリフードの頻度が多かったので、
お腹舐め舐めが激しくなったようでもあります。
今のフードはとりあえずやめてみましょう。

お腹と食事の関係とアレルギーの疑いとの関連が
難しすぎます。

今日の体重は22.8kg


お母ちゃん、早くあの公園で走りたい!
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

香澄公園を散歩中に会った、保護活動をしている知人は
繁殖犬のこともよく知っていて、
「実年齢よりもプラス5歳」」だと教えてくれました。
体の中も外見も 全てにおいて
プラス5歳の加齢負担があるという事。

ますます年齢不詳???????混乱します。。。。。

↑このページのトップヘ