20200322_131434
エコー検査をしました。結果、気になる影を発見。
鎮静・瞬き出来る程度の麻酔?で細胞診(お腹に針を刺す)しました。
ふらつきながら帰って、ものすごい食欲で缶詰半分たべて
寝ています。
お腹のちょっと上、剃られています。

今日は三連休皆勤賞の稲毛の広場行を決めていたのに、
朝ごはんを拒否。朝一うんが緩い。元気がない。ので、
様子を見ながら、病院行を決めました。

最初は、3月11日、毎月のお手入れで、病院へ。
先生が肛門処理中にゲリしたとのことでした。
この日、私からお願いした血液検査では、異常なし。
心配なら次回映像診断してみましょうと言われました。
2回目、3月18日、ゆる便検査。下痢止め処方。(院長不在)
そして今日3月22日、映像診断(エコー検査)をしました。
腸の横に何かある。細胞診をするかどうか、
家族会議してくれと言われましたが、
私の独断で即、お願いしました。
細胞診くらいで家族会議? いやに慎重。
先生はサラが14歳かも15歳かもと思っています。
沈静をかけて、針を刺しました。
結果は、もちろん外部の専門の所へ出しますが、
先生の顕微鏡では、細胞が少なすぎるからわからないとのこと。
白血球が多く映るリンパ腫等がん細胞なら、先生も見えるはず。
去年10月16日に子宮蓄膿症の手術をしたので、縫合糸の炎症反応かも?
との話もありました。
エコーの影が、腫瘍で悪性であれば開腹手術もあり。。。

結果は、4,5日先になります。

ゆるうんで病院行って、こんな大ごとになろうとは。
ゲリとは無関係かもしれません。
ほんとのゲリゲリは私自身今日までまだ見ていないんです。
嘔吐もありません。
食欲を心配した先生は消化が良い缶詰を3缶と
今までの下痢止め、1週間分+錠剤を処方。

先生がフラフラのサラを抱えて車に乗せたとたん、
車の中でぐでんぐでんしながら、私を認めたサラは
気が狂ったように、欲しがりました。
(家を出るときに、もしやとカステラを二切れバッグに忍ばせ、
甘酒も持ちました)
サラは飛びつき、あっという間に飲み込みました(笑
甘酒も飲み干し、落ち着きを取り戻し、やっと静かになりました。

家に着いたとたん、足取りも軽くキッチンに潜入し、
私を見上げますので、缶詰半分食べさせました。



お母ちゃん、とっても疲れました。夜はご馳走にしてね。
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村
今日の体重22.7kg
3月11日の体重22.9kg