サラは、元旦の朝散歩から、ずっと家の中です。
よく眠ります。
その割には、起きると、もうお腹が空いているらしいです。
ラブのようです(笑
船酔いのような眩暈がしているのに嘔吐もしません。
元気はいいんです。
その元気も、だんだんに上げ調子です。

今日夕方、いつもの病院に行ってきました。
私の「薬なしで経過観察」の考えに賛成してくれました。
今日から一週間を過ぎてもなかなか治る気配がないなら、
それからステロイドで、経過を見て行こうと思います。
劇的に薬効が認められれば脳の腫瘍かもしれないです。
だからと言って、全身麻酔を要するMRIもCTもしません。
繰り返しこの発作を起こすとしても、ステロイドで
対処することにします。

こちらの病院で、特発性前庭疾患の患犬で一番若いのは
12歳だったそうです。
サラは12歳か?(笑・・・・
菜々ちゃんも(イエローラブ)、りんちゃん(黒ラブ)も
あの子(ゴールデン)も14歳で発症しました。
サラは14歳か?(笑・・・・

診察を終えたサラは車に戻らず、散歩を所望。
安静にと、先生はおっしゃいました。
いつもに似合わず、サラは頑固でした。


お母ちゃん、安静はもう飽きたわ。散歩に行こうよ!

にほんブログ村

私が経験した強い眩暈はこれでもかというくらい
嘔吐しました。食欲なんて。。。。
何日か続き、苦しい思いをしました。
耳石の動きが原因との診断でしたが、
これと同じ症状がサラに起きているなら、その食欲は
どういう事でしょう(笑
考えられません。