CIMG0097CIMG0087
整備してある芝の広場ではなく
草丈が深いところを好んで、駆け廻るサラ
最近、気になっていた、虫刺され状のぶつぶつが
体の数か所に出てきました。

肛門腺が詰まりやすいので、今日は月一回の通院日。
先生に診てもらったら、「膿皮症」 
すっかり、ダニ、虫さされと思っていました。
「フロントラインは信用していいですよ」
ラフィの経験上は一か所か2か所の膿皮症でした。
こんなにあちこちでは、消毒は現実的ではない。
丸刈りにしてはいかがですか?
「え?それは即決できません。お父ちゃんに聞いてから」
と、普段の私に似合わない答え方をしました(笑
だって、丸裸かのサラを連れて帰ったら????
父ちゃん、卒倒!!するかも。。。。。

まずは、殺菌作用が強いシャンプーで週1,2回洗う。
抗生物質投与は最後の手段。とおっしゃるので、
今日さっそく、お父ちゃんがお風呂でシャンプー。
頑張ってもらわねば(笑

免疫力の問題だとすると、
やはりサラはそんなに若くはないのでしょう。
やりすぎと笑われるので、強いて書いていませんが、
皮膚に関係するビタミンA.B.C.E は、毎日。
青魚も時々。
関節のためにD,コラーゲンも、コンドロイチンも。
オリーブオイルで炒めたすりおろしニンジンも。
何が足りないか、考えてみます。


CIMG0074CIMG0082
CIMG0089CIMG0098
CIMG0100CIMG0107
CIMG0110CIMG0112
昨日、今日の早朝散歩です。毎日変わらない写真ですが。
動きが素早いので、なかなか、写真が撮れません。


お母ちゃん、かゆいの直して!丸裸は恥ずかしいけど、
洋服も嫌いじゃないから、ダイジョブよ!


にほんブログ村

おいしいものを知らないであろうサラには、
いろいろ食べさせようとするのですが、
一旦口には入れるのですが、
初めてのものは必ずポロリと出してじっと観察します。
小さいものしか受け付けません。
ベロは長~~いけど、お口は小さいらしい。