15252294670351525229453857

CIMG0179CIMG0181

CIMG0182CIMG0170
5月1日の写真です。
ラフィの季節にやってきたこの子。「サラ」と名付けました。
イングリッシュセター

ひとめ見た若い友人が、直感的にサラと名付けました。
「サ行」の子だと感じたそうです。
涼やかな横顔ときれいな毛並みから♪イメージしたそうです。

以下は2日3日4日の朝散歩です。
DSC_1653DSC_1642
CIMG0300DSC_1682

セターらしく、鳥に興味を示します。
ですが、それほどの執着はありません。
繁殖犬だったようですから。
乳首が異様に大きい。何十頭も生んだようです。
実猟していたのなら、こんなに筋肉が薄いはずがありません。

DSC_1684
視線の先には鳥が数匹います。

奈良から連れてきてくださったshokoママさんを
探すわけでもなく、不安げでもなく、
一日目から朝までぐっすり。
昨日はとうとう、父さんの布団で一緒に。

DSC_1683IMG_2099

食事は生食です。あみの食器で食べています。
DSC_1672
食欲は良く、キッチンを何度も覗きます。

私たちが食事をしていると、クレクレ攻撃が激しく、
ラフィあみでもこんなにあからさまにはしませんでした。
少し、修正が必要です。

そのくせ、食べたことがないものは口には入れても
絶対に食べません。
食べるものは決まっているようです。
翌日2日に近くの獣医さんに診てもらいました。
shokoママのところで歯石を除去してあったので、
判断材料が少ないけれど、
若くはないが、すごく年寄りでもないとのこと。
歯の欠損が下横一本。繁殖犬。
shokoママの獣医さんでは、「一杯生んでいるし、
この年で、今更避妊はしなくても」との見解でしたが、
こちらの先生は
子宮蓄膿症のリスクは無くならないという事でしたので
避妊の方向で考えようと思います。
ヒートは11月だったそうなので、もうすぐヒートが来ます。
終わってからになると思いますが、
その前に、ラフィあみのかかりつけにも相談してみます。

保護犬と説明すると、
自分に譲ってくれないか?
と、獣医さんは相当気に入ったみたいです。
落ち着いていて、どこを触っても嫌がらない、
おとなしい子です。
23.5kg。 (もう少し痩せてもいいかな)
早速、低カロリーのおやつを作りました。

2日から3回目の朝散歩のコースは覚えたらしく
行きの約1kmの松林はランニングさせられています。
目的地の運動公園はロングリードにします。
帰りの松林はしっかり、私の歩調に合わせます。
今朝は5時半出発でした。
犬に興味がなく、しつこくされると、吠えます。
ラフィの声は太かったので、
高い声で鳴くサラにはびっくりです。

大型犬の経験者であること
庭があること
が、譲渡の条件でした。
海が近いという事もうれしいことだったかな。
好きだそうです♪

奈良の大邸宅でお嬢様生活だったらしいサラ嬢は
2年前に保護されてshokoママに預けられました。
フラットコーテッド海くんの介護生活だったママさんと
初めてのコンタクトは、4月11日でした。
私の年齢にもめげず(笑)shokoママは私を信頼してくれて、
GWに来てくれるという事になりました。

ラフィの時もお顔に惹かれました。
サラの時も愛らしいお顔にひきつけられました。
どうも面食いな私。。。
shokoママも相当な美人さんでした。
短いおしゃれなスカートで先の細いとんがったピンヒール
を履いて、高級車から降り立つその姿は
どう見ても犬連れとは想像しがたい????
下りてきた犬は紛れもないイングリッシュセター。
ママによると、「小指でリードよ。一人で走って遊ぶから」
いつもは5m内にいる。
こちらを確認しながら走って遊ぶ。
公園ではノーリードで、いい子と褒められる。
指一つの指示で分かる。
週2回、80歳の女性が散歩に連れ出す。
歩くスピードを合わせる。
飼い犬のフラットくんがしつけたとのこと。
夢のようないい子ではありませんか。

shokoママはケリーと呼んでいました。
名前を変えるのは本犬にも可哀そう。
しかし
私が呼んでも、父さんが呼んでも、びくとも動きません。
聞こえないんじゃないか?と心配するほどに。
私も父さんも、ついついあみ~と呼んでしまうので、
思い切って変えました。

長くなってしまいましたが、続きは又。。。


母ちゃん、俺の妹か?ラブらしくないな。。。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー