CIMG8200DSC_1126


昨日、4時予約定期健診でした。
一緒に行ったのは、モコちゃん、桜ちゃん、ママです。

CIMG8188
小さなスペイドに大きな荷物も積んで
車体が沈んで地面をこすらないかと心配するほど
ぎゅうぎゅう詰め!
モコちゃんも桜ちゃんもお行儀よく乗っていました。
運転は父さん。

15歳の膵炎の寝たりきりの子、38キロのシェパの脊髄麻痺、
フラット12歳の股関節の腫れ、14歳の黒ラブラドール
と、大型犬も多く、知りたがりの私はすべての飼い主さんと
お話ししました。

CIMG8191
手作りの抱っこひも。
ママさん腰にきゅっとサポーターを巻いています。
38kgです。愛すればこそ、ですね。
ママさんの言葉がよくわかるおとなしい子でした。

さて、モコちゃんの事です。
けいれんとふらつきがあり、元気がなくなりました。
10歳以上の子のてんかんは脳腫瘍が疑われる、
という先生の勧めで24日MRIを撮りました。
あみの主治医の専門は腫瘍です。
先生の見立てが当たってしまいました。
2cmの腫瘍が認められ、
転移と思われる小さなものもありました。
MRIの病院でステロイドの注射と、脳圧を下げる薬を飲み、
見違えるほど元気回復して、ママを喜ばせました。

それも
翌日、夜までは薬が持たず、ママが車を離れたときに
けいれんが始まったんです。
すぐに座薬を出してもらい、難なく収まりました。

今日からはステロイドと、脳圧を下げる薬を飲みます。

腫瘍の場所は手術が対応できる位置にあったのですが、
手術をするとママのもとに帰ってこないかもしれない
大きなリスクがあります。
ママは放射線治療を選びました。
週1回、3~4回やるそうです。
高額です。家族に了解を得てすぐに決めました。
ステロイドだけに頼った場合は、
1か月でステロイドが効かなくなるということでした。
麻布大学まで行く事になりますが、遠い。。。
ラフィもあみも行った事があります。

皆さんにお願いがあります。
情報をお持ちの方、経験者がいらっしゃったら、
モコママにつなぎますので、どうぞ、
連絡をいただきたいと思います。



母ちゃん、モコママさんの頼りになってやって!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

あみの血液検査、エコー共に安定しているとのことでした。
年齢相応のゆるみはいろいろありますが、
まぁ、上出来でしょうと言われました。
腎臓はやはり、いけません。
ジャーキーなど、肉の摂取量が 多くなりましたからね。

体重は28.7kg('A`|||)