毎日同じ場所、変わり映えのしない写真で申し訳ない!
CIMG0264CIMG0268
CIMG0278
うん状態ですが、
昨日は散歩で1回、夕方リビングで1回、ベッドのシーツに1回。
いずれも固すぎず、柔らかすぎずでした。(3回は普通ではない)
ところが、9時、突然事務所の戸をあけた父さんの一声!
「あみが下痢してる」
片づけた後だったのでうっかり中身を見ませんでしたが
寝る前に、デッキでシッコして、
そのまま伏せて、リビングに入ろうとせず、
しばらくしての事だったそうです。

今朝は50gのご飯に卵を入れてお粥。
スプーンでお口に入れましたが、少々こぼします。
で、少量の葛粉で柔らかく固めました。
後は、リンゴのすりおろしを4分の1個。
サプリは無しにしました。

最近はベロの力も弱って、お水は、こぼすし、
粘り気のあるものは食器をピカピカにすることが出来なくなりました。
食事も縦長に盛り、一口ガブリ、
崩れたご飯をまた、円錐形に先をとがらして
盛り付け直し、ガブリ、と口に入るようにしています。

あみの痛い足に今一度、カルトロフェンは?と
前回の通院時、院長に相談しました。了解を得て
昨日4時半頃、近くの病院で注射。
下痢は9時頃。 関係あるかな?
若いころのカルトロフェンベッツは効果なしでした。
インタードッグも以前は効果を感じませんでしたが、
今回は充分手ごたえありですから、
カルトロフェンにも期待したのですが。
近くの獣医さんは、注射をしてから(話し合いの結果)
痛みどめの方がとプレビコックスを3日分処方しました。
一緒には使用できませんので、プレビコックスを服用始めたら、
週1回のカルトロフェンは中止です。

過去の経験ですが
プレビコックスも効果が感じられなくなり、それでロキソニン
を自己責任でかなり長期飲ませたのでした。
主治医の院長はもう今は薬服用は薦めません。

17歳5か月になろうとする老犬です。寝たきりになっても
おかしくはありません。。。。。

母ちゃん、あみはまだ、シッコも一人でできるし、
痛くなければ歩けるよ!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ