昨日午後診療の一番乗り。
血液検査、超音波検査、細胞診の定期検診でした。

血液検査はIDEXXの外注ですから、
結果は3~4日ほどかかります。
今回も、SDMA(腎臓)T4FT4(甲状腺)
NT-proBNP(心臓)のフルコース

超音波検査では脾臓に2cmの血腫が見えました。
前回から1か月半で、2cm大。突如現れました。
今後の経過を見守っていきます。

先生は血腫と言われましたが、
帰宅して本当は腫瘍ではないかと疑ってみたり。。。。。

あみの脾臓は
白いもやもやがあり今まで何年も経過観察してきました。
大きさが肥大しているわけではなく、普通の大きさだそうです。
なので、
介助ベルト、車椅子ベルトの圧迫は大丈夫!と言われました。
蹴飛ばされたり、ぶつけたりの強い刺激が無ければ心配ないと。

車椅子にちょっとした装備を施すと手足を動かしやすくなる
装具屋さんがいるそうです。
院長もここまでできるかってびっくりしたって。
要相談ですが、父さんは乗り気ではありません。

細胞診は右手脇の脂肪腫が大きくなっているので
診てもらいましたが、脂肪腫に間違いなし。


母ちゃん、年を取ればいろいろあるさぁ。しっかり傍にいなよ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ