かくなるうえは、インタードッグで免疫向上をめざし
アレルケアとの相乗効果を期待しましょう。

明日は2回目のインタードッグ注射の日です。

家での魚多用はオメガ3の不飽和脂肪酸
EPA DHAを期待してのことでした。
アレルギーの改善につながります。
現在は錠剤で与えています。嫌がります(笑

ジャガイモ里芋のアレルギーもあることを知りました。
ジャガイモは比較的耐性ができやすく、
里芋は茹でてしっかりあく抜きをすればアレルギーは出にくい。
ジャガイモ、サトイモはぶたくさカモガヤの花粉症と関係しています。
運が悪いことにどちらにも反応があるあみです。
植物に反応する子(花粉症)には野菜アレルギーがあるとは
これらの事なんですね。
さつまいももあく抜き、皮除去で対処できそうです。

比較的対処しやすい、腹持ちがいい、ジャガイモと里芋。
本日、オーブンで焼いて少量散歩に持たせました。
一度にたくさん食べ続けなければなんとかなりそう。
(里芋、ジャガイモは低カロリー)

0ではないが、南瓜は比較的アレルギーにはなりにくいそうです。
医者が薦めるわけですね。
これも充分なあく抜き、皮に含まれる農薬に要注意。
とあります。

大根アレルギー、キャベツアレルギー、全部ありそうです。
無農薬野菜にすることも重要なカギになりそうです。

れんこんのムチンが症状を沈める効果がある記載を見つけました。
果たしてレンコンアレルギーは無いのか?(笑
サプリメントを購入しました。

ラフィにかまけてばかりで
真剣みが足りなかったあみのアレルギー対策。
いい加減な私にどのくらいできるのか。自信はありません。

大好きな魚もアレルギーを起こしやすい順から
サケ・マグロ・イワシ・カレイ・アジ・タイ・タラ・ブリ・サバ
。。。。あちゃ~~!
但し、日本では5%しかいないとか。人間の場合ですが。


母さん、私魚が大好きなのに。。。

果物にも波及しそうなアレルギー。
可哀想なあみさん。