はい、ラフィのお供は日を追うごとに大変に
なってきております。

今朝、散歩に出る前に、車の中をよくよく見ましたら、
な~んだ、やっぱり、漏らしてました(笑

低反発のマットの端が濡れているのを発見!
ワンワン騒いだので、その勢いで出ちゃったか?
本犬気が付かなかったのでしょう(笑
だってね、家にいるときは、午前中5回以上、
午後は、数限りなくシッコって呼ぶんですよ。
がまんできるわけないっしょ!!!

ラフィ、なんで病院へ行ったかと言うと、
軟便が続いたので、未消化かもと思い
検便してもらいました。
それと、甲状腺のチロタブを半量にして1週間目。
今日から休薬1週間後に検査だったのですが、
それも繰り上げ検査してもらいました。

出かける前の強制うんを少し持参。
幸い未消化ではなかったんですが、
院長「大腸での水分の吸収が出来ていない」
エコー検査では「お腹ゴロゴロもしていないし、
痛がってもいない」
「ビオフェルミンとか…思考錯誤してみて」
以前からビオフェルミンは毎食使っていますし、
すでに消化酵素も添加しています。

歯髄が見えてる奥歯があって、時々腫れていたラフィ。
口の中を少しでも清浄にするため
以前から「ラフィには水を良く飲ませて」と先生。

ラフィもあみも色付水が大好きです(笑
ライスミルクも飲むヨーグルトも温水で半分に割って
います。
シッコをたくさん出して、膀胱炎対策のつもりでした。

今日から、水分量を調節します。

血液検査の結果
一番驚いたのは、カリウム  みごと3.9(3.4~5.2)
2週間前はぎりぎりの5.1 この間、リンゴのすりおろしを
毎日与えていたので、カリウムは諦めていました。
体調によるのかもしれませんね。
T4は3.3(1.1~3.6)院内検査なのでFT4もTSHも
不明ですが、半量をそのまま続けることになりました。
休薬しなくてよかった。早めの検査で良かったです。
一か月後、院外の検査もやってもらうことにします。
心配した蛋白も6.4(5.2~8.2)ちゃんとありますし、
栄養面は心配なさそうです。31.45kg変わらず。


シッコのお漏らしも、軟便も本犬は認めたくないようですが
老化現象なのでしょうね。
なんといっても80歳を超える立派な爺様です。
私自身ももっといたわりの気持ちで接してあげなければね。
ラフィは有難迷惑なのかもしれませんが(笑

長々とおつきあいありがとうございました。


母ちゃん、余計な事書くんじゃねぇよ!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
母さん、私のお薬の事も聞いてくれた?

昨日朝、目が赤く、あみの目の突出度が上がっていて、
驚きました。出血と眼圧が高くなっているようです。
まだまだ、安定はしていません。

あみの甲状腺の院内検査は10月8日

9月は5回も病院でした!

せっかくラフィがぼやいてくれたので
CIMG0001
高速運転中のスーパームーン(*'-'*)

昨日帰ってから大急ぎでシッコしてベッドに。
父さん「あみがラフィを心配して横にいる」って。
そんな風に見えますか?
CIMG0011
デリカシィがない母ちゃんです。