最初からほんの少ししか入っていない(2.5ml)
お高い点眼薬が無くなったので、
(眼科専門医ではなく)
主治医の院長のところで何とかしてもらおうと
あみを連れて行ってみました。
脾臓肝臓の経過観察もあります。

まず、脾臓肝臓は前回と変化なし。

眼圧右12~14(正常)
左緑内障の眼圧は、なんと、、、、6~7(ギョギョ~~~)
目の変化に気が付いたのは5月後半。
発症時60→出血時60→新薬に変更50→網膜剥離27
そして今日です。超特急の幕切れでした。

眼球ろう(難しい漢字)だそうです。
目の委縮が進み眼球が小さくなります。
機能が完全に失われ、
瞼はそのうち閉じたままになるそうです。
その代り!

痛くありません!

院長曰く
「食欲もあるのなら、あみちゃん、
ずっと痛くなかったんじゃないの?」

あみにすっかり騙されていました(笑
甘やかしてしまいました。
いまでは、ちょっと私をつつくと
美味しいものがもらえるあみさん。
私をマインドコントロールしています。
「おぬし、やりおるなぁ!!!」
と感心している場合じゃありません。
あみの体重 24.85kg


母ちゃん、ほっとしたね♪
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
母さん、もっと騙されていて!

追記
明日は自称ボインの女優さんが家に来ます。
突撃インタビューなんかあるのかな?