午後一番で眼科専門医安倍先生の病院へ。
院長不在でしたが、女性の先生が診てくれました。

目の表面の傷などではありませんでした。

すぐ眼圧測定・・・27 ??え??再度測定・・・27
(8月10日は眼圧50)
喜んではいられません。
やっぱり異常なことが起こっていました。

「おそらく網膜剥離。エコー検査ではっきりします。
やりますか?」
「わかったとして、それで手当はありますか?」
「残念ながらありません。点眼薬も変更ありません」

狭い階段を担架で2階に運びエコー検査をしました。
器械にアルコールなしのジェルを塗り、麻酔した眼球に
直接当てます。
CIMG8487CIMG8488
左右ともやりました。網膜の位置のずれがわかり、
やはり左目は網膜剥離。。。
眼球の縦横の大きさを測ります。
奇妙なことに同じでした。

あれだけ左目は大きかったのに。
痛いと目はくぼむそうです。
目をつむり、涙をしきりと流しています。
CIMG8483
診察を終わったら、即ロキソニンを車の中で
服用させました。

ロキソニンを使っていることをお話したら、
先生、少しびっくりしていました。この病院では
一番新しいオンシオールを処方するとの事でしたが、
すでにプレビコックスより効果が薄いのは
経験済みでしたのでもらってきませんでした。

今後は、また、急に眼圧が上がってくるそうです。
その時の手当ても今の点眼薬の変更はなく、
痛み止めを併用していくだけのようです。

それでは、病院に来なくてもいいですね!と
暴言を吐いてしまいました。

眼圧は主治医の病院で測ってもらうのもいいかも
と遠慮がちに、女性獣医さん。

なすすべなし!

このまま、見守っていくだけかぁ~~~。
あみ、ごめんね。

帰宅後、父さんに「痛いそうよ」と説明をしたら、
父さん「痛い、いたいっていうな」ですって(笑

私自身はそんなにショックは感じていません。
あみに寄り添い、なるべく痛くないように、
出来ることをしていくだけです。
ただ、現行の炎症痛みどめはすべて経験済み。
すっきり解消してくれる薬には出会っていません。
あみが痛みを感じない薬が無いことが悔しい!
日進月歩の医療ですが、
目に関しては命にかかわらないからか、
人間医療の進歩も遅いような気がします。


母ちゃん、俺が半分引き受けるから、
あみを楽にしてやって!(
と、言ってくれるかどうか・笑)
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
母さん、心配かけてごめんね。
ご飯大盛りにすれば痛くないわよ♪