昨日の月曜日、5時予約の病院でした。
3時出発で4時過ぎ到着。
幸い、病院前の駐車場も確保できました。

なんと、菜々ママさんが待っていてくれました。
お知らせしていなかったのに、
わざわざバティパパさんに聞いたそうです。
これから先どういう風にお返しができるのか・・
ありがとうございました。

ラフィの血液検査
見事
カリウム、克服できました!
全て花丸の数値でした!!
31.55kg

先生「大変でしたか?」
私「た~いへんでした!」
先生「腎臓の数値は大丈夫だから少し緩めてもいいですが、
ま、注意はしてね」
ということで、これからは、少し気が楽になります。

思い当たることがあります。
市販の卵ボーロと 似たような幼児用おやつ
小粒で、安くて使い勝手がいいので
父さんのシッコ誘導術はこればっかり。
平気で湯水のごとくばらまきます。
数か月使い続けました。

カリウムの異常は実は2か月前もありました。
大した異常でもなかったので気にもせず
使っていました。

ひと月前の検査で異常値が高くなり、
おやつ かな? と。
ラフィ誘導には、
本犬より素早くあみが反応し(笑
漏れなく同伴しますのでその消費量は
半端ないのです(笑
カリウム異常が確定してから
太り症(?)も考えて蒟蒻クッキーを作っています。
最近は蒟蒻を冷凍し、水分を抜き、
米粉、団子粉、白玉粉
など、カリウムが少ない粉で繋ぎました。

幸い腎臓の数値は異常がなかったし
15歳の年を考えるとどうしても
肉類は減らせませんでした。
ただ、今後の腎臓のことも考慮して、
油脂を少々増やしました。

この前
食生活について先生に相談しようとしたら
「栄養士ではないのでわからない」と
突き放され(笑)途方に暮れて、
カリウムが少ない食品探しが始まりました。
今までのおやつ食材のイモ類はダメです。
豆類もだめです。
比較的豆腐、
それも絹よりカロリーが高い木綿が少ない。
果物、野菜も多いです。
リンゴは量を少なくしましたが、食後に与えています。
そのうち、
カリウムは水に溶けだしやすい事がわかり、
野菜は刻んで15分以上水に晒すことを覚えました。
ただ、魚、肉もそうなのかはわかりません。
が、魚は茹でて、そのゆで汁は捨てました。
ラフィあみキッチンの自慢は捨てない食材利用!
今まで肉魚のゆで汁は寒天のいい材料でしたから
罪悪感があります(笑

ラフィの首下の傷は、
さらに1週間の抗生物質が処方されました。
ジュクジュクが出れば
ステロイドも飲むことになります。
やはり、免疫の暴走が心配されます。
現在の所、乾いていますので大丈夫でしょう。

あみの血液検査は
これも花丸でした。
少々、肝臓の数値が高めではありますが、
この年でずっとこれだけの数値ならば
と褒めていただきました。
プクプクとした体形は、筋肉が弱ってきたせいで
これも年のせいだとのこと。
23.45kg

カリウムの異常から
ラフィはひと月前、心臓の薬を増やしました。
エースワーカー2を朝晩、
ベトメディン5mg・1と1/4を朝晩
後は今までと同じで朝チロタブ0.8
このことが花丸の本当の要因だと思いますが、
先生は私の労を労ってか(?笑)今回は
お薬の件は口には出しませんでした。 

あみは変わらず朝レベンタのみ。

カロリーが低く、アレルギーが出にくい、
そしてカリウムが少ない食材探しは
私のテーマになりそうです。


母ちゃん、苦労するね!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
母さん、私沢山食べて、スマートになりたいわ。

この日、ラフィあみ、待ち時間を入れて4時間半の拘束。
車の中の時間が長く、姿勢を変えられず、
ラフィは車から出しても歩こうとせず、
バティパパさんにお世話をかけてしまいました。
その上、帰途高速上で、
車のスライドドアをたたきながら泣きだしました。
シッコがしたいのか、足が痛いのか。。。。。
2月からは日曜日の朝一の予約で、
早く自宅に帰れるようにします。
犬の元気は午前中だもんね♪

お詫び*市販の卵ボーロが悪者のように
感じた方、ごめんなさい。
私のお気に入りのおやつで使いやすいです。
家ではむちゃくちゃな使い方を数カ月続けていたので
ふと、思っただけです。

文字にするということは厳しいですね。

個人差もあるでしょう。
げんにあみは数値異常はありません。
ラフィの心臓がたまたま弱り始めていたから
かもしれません。

お子さんが口にするものですから
普通にお使いになって何の問題もないと思います。
卵ボーロちゃん、ごめんね。