左=ラフィのごはん   右=あみのご飯
CIMG8134
CIMG8138

腎臓病の療法食は、
その構成材料を見てみると
大半が米と油脂がメインのようです。
何年か前ですが、腎臓病の大型犬の食事を、
油脂でドロドロしたものをバケツ一杯
毎日作っていたお友達がいました。
長生きしました。

そこで、今朝は 油を少し多めの
玉子入りイワシチャーハン♪ 
2尾のイワシを煮て、ラフィにはご飯を多く
イワシと野菜少々。
あみには野菜とイワシを多めです。
色がこんなに違います。
ビタミンミネラルサプリはいつも通り。

米粉にtomoさんから届いたマリンちゃんお気に入りの
はちみつをたらし、玉子で練り、焼いたおやつ。
父さんが沢山使いすぎるので、
一日分を毎日焼くはめになりました。
黄身の方がカリウムが少ないようです。

CIMG8139
昨日は、玉子ではなく蒟蒻を入れました。
蒟蒻のカリウム&リンの数値を調べなきゃ(汗!)
使い古した「日本食品成分表」が又、役に立ちます。

ラフィのうんが出にくくなりました。
野菜が少なくなったからでしょう。
切口を多くして(細かく切って)
水煮すればカリウムは逃げていくらしい。
他の栄養も逃げていくけど、これしかないなぁ。

明日、院長に食事のことを相談してきますが、
療法食を薦められるのは間違いありません。

tomo さんが、
マリンちゃんの血液検査データを送ってくれました。
その反省点として、
早くから蛋白を減らしておいた方がいいとアドバイス。

一頃、シニアのワンコごはんに
悩んでいた時期がありました。

その時にラフィの心臓が悪いことを踏まえて
真剣に向き合うべきでした。
収縮率は10%以下です。

呑気な父さんと私は、現在の食欲と、元気と、
何より年齢に騙されていたんですね。
いまだに、父さんは楽観的。


母ちゃん、絶対ご飯だけは、ご飯だけは・・・
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
母さん、私もお願いするわ。ご飯減らさないで!!

ラフィ&あみ・・・・・フテロイド休薬1日目

平成26年12月28日19時50分