4時予約の午後診療一番乗り!!
2時過ぎ出発。
近くの公園で排泄兼日向ぼっこを20分ほど。
病院には3時半着。
すぐに菜々ママさんが来てくれました。
菜々ママさんのお顔を見るのがまだつらくて、
目を合わせられませんでした。
ラフィの介助を助けてもらった上に、
ずうずうしくお土産までいただきました。

そして、紗羅ママさんも駆けつけてくれました。
もちろん可愛い黒い仔を連れて♪
CIMG7939CIMG7956
5か月になった紗藍くん。
可愛すぎて目の毒です(笑
動画も撮ったのですが、
ママさんの許可をもらうのを忘れてしまって。。

手ぶらで行ったのに、紗羅ママさんからも
美味しい冷凍ケーキを頂戴しました。
そして、
偏食が始まった菜々ちゃんが鶏肉の
ジャーキーは食べるというので
あの時託しておいた鶏肉で
上等なジャーキーを沢山作って来てくれました。
本当は、菜々ちゃんのものだったのに。。。

ラフィは血液検査(電解質も)と右後脚
内側のしこりの検査をお願いしました。
胸のハート型脂肪腫の現在の様子
も見せてもらいました。
CIMG7998CIMG7999
これは現状維持できているのでこのまま、
右後脚のしこりもまた、脂肪腫でした。

血液検査は
K(カリウム)の数値が上がり始めています。
急に水のがぶ飲みが始まり、気になって、
初めて電解質まで調べてもらったのは1か月前。
11月24日K=5.3(3.4~5.2)12月22日K=5.8
腎不全の兆候ありと言われました。
心臓の収縮率が非常に低いので血流が悪くなり、
腎臓に影響を及ぼすそうです。
腎臓の機能が低下しています。
水のがぶ飲みはやはり、異常だったんです。

1L位なら異常ではないと簡単に片づけなかった
院長はやはりすごい!
他の獣医さんでは、見過ごされたでしょう。

毎日飲水量を計っていましたが、今朝は5時半から
2時までに水だけで750ccも飲んでいました。
水分の多い手作りごはん、寒天とゼリー
病院に行く前に全部で1000ccは飲んでいると思います。

心臓の弱りと腎臓の密接な関係がわかりました。
院長は年齢を考えると、ね。と
そして、15歳ラフィの元気を褒めて下さいました。
次回は心電図も取る予定です。
今日の体重 ラフィ=31.4kg

あみの
ステロイドの飲ませ方も聞いてきました。
先生「あら、まだ飲んでいないの?」って。。。
「相当痛いので、我慢させずに飲ませてもいい」
ということでした。

シッコをさせて病院を出たのは6時前。
帰り道を下の道路にしたら、またまた渋滞!!
途中、ビスビス切なそうに泣きだしたラフィ。
シッコとうんの時間です。
このまま、シッコうんまみれでダラダラ行くのか。。。。。
土地勘がある場所です。
狭い道路に抜けたとしても車を置く場所がない。
ラフィを下す場所がない。。。。。
切なくなりながら思いを巡らすと。。。
そうだ、篠崎の京葉道路入口あたりに
広い公園があったはず。
公園隣のコンビニに車を停め、下した途端
くにゃくにゃな足を引きずりながら、垣根の
そばでしっこ(よくがまんしてくれた!)
暗くてよかったわ!!
コンビニの裏に回り、すぐおっきいのを4個ほど。
私もほっと安心!!!!!
まだ、我慢もできるじゃないの(30分ほどでした)
私もつらかったわ。

敷物を敷いて待たせ、アイスを買い、半分こ♪
公園に行き、一休み。
CIMG8002
CIMG8006CIMG8009
走行中は決して眠らない子だったのに、
今日は行きも眠り、
排泄済ませて安心して帰りも寝ていました。
帰宅は7時50分頃でした。

長いドライブはラフィの足にも良くありません。
もう無理かなと、いつも思うのですが、
今日の結果の説明を受けると
検査と薬はどうしても院長を頼らざるを得ません。

ですが、心にはもう一つの思いもあります。

無理して、遠くの病院に行くのはやめよう。
ラフィのストレス大だから。
15歳を過ぎて、老化現象はどのワンコにもある。
詳細に調べて心配しても寿命は寿命。
自然に任せて、老いていくのを見守ってあげようか。

いろいろ思いもありますが、とりあえず(笑
次回は2月9日(月曜日)9時に
予約を取ってしまいました。


母ちゃん、気の済むようにしていいよ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
母さん、次回は私も一緒でしょ?大変ね。