大変です。
胸騒ぎがして、ラフィの胸にカメラを向けました。
どっかりと伏せてばかりいるので
お座りをしたほんの瞬間です。
CIMG6906CIMG6897
胸にピンクの♥が、な~ンて、ふざけてはいられません。
皮膚が裂ける寸前!少し湿り気もあります。
胸には二つの大きな脂肪腫が
以前からぶら下がっていました。
伏せてばかりで、絶対に横を向いて寝ませんので
見ることができませんでした。

このクッション当て布を介助べストの内側に
縫い付けていたのですが、
この荒い目のネットもいけなかったようです。
CIMG6911
他の物には外側に縫い付けていたのですが。

左腕のこ擦れ傷も1年以上苦労してやっと治りかけ。。
あ、上の写真の腕カバーは実は3日間外れていません。
100均のふわもこソックスです。
上側にゴムを伸ばして縫い付けてあります。
とこれはおまけのお知らせですが。

胸の傷は治りにくいと言われています。
とりあえず包帯を巻いて、仕事にでかけました。

午後帰宅。仕事も手につかず、
何か作ろうと、ミシンと伸縮布を広げましたが、
考えても今回ばかりは難しい。。。。。

今年の夏、作ってもらったランニングシャツの
胸の内側に、Mr,Dry(ラフィのシッコおむつ対策)
のパットを縫い付け
外側にクッション当て布を縫い付けました。
そして、ゴムのひも(病院のリハビリの時に
ホットパッドを固定するのに使う)で
シャツの上から縛りました。
もちろん優しくですよ。

寝ているラフィをなんとか持ち上げ、シャツを着せて
ゴム紐を回して縛り、介護ベストを装着!!
一人でこの作業をしましたから、
写真を撮る余裕などありませんでした。
もたもたしていると、
ラフィも協力してくれなくなりますから。

ゴムひもは、私の骨折後の足を縛る(守る)
テーピング布と共に、ラフィの何かに使えるかもと
最近ネットで買ったばかりでした。

一日の大半を30kgの体重で
胸を押しつぶしているわけですから、
治るわけはありません。
またまた、難問題!!
院長は11月10日ごろまでお休みです。。。。。

とりあえず、玄関前、キッチンの出入り禁止バー
の前、廊下の一部、などに厚みのある敷物を
広げました。
リビングは「ふわりーな」ですのでまず、安心です。
「ふわりーな」はまた、注文しました。



母ちゃん、俺、、、また、ごめんね。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
ラフィ大変ね。母さんも大変ね。。私はほっといていいわよ。

ラフィ・・・・・ステロイド10ミリ2日目(20ミリは4日間で終了
やはり20ミリ時の元気はありません)
あみ ・・・・・プレビコックス休薬7日目

kei さんからご飯の質問がありましたのでここでちょっと。
CIMG6861CIMG6863
馬肉(骨・内臓ごとミンチ)110g(骨の重さあり)
かぼちゃ60g 煮野菜60~70g
体重22kg用でのつもりです。
代謝によりますので、個人差は大いにあります。
段々野菜の量を減らしていましたが、あみの2kg減量のため
少しずつまた増やしていこうと思っています。

デジカメ講座3回目30日は谷津バラ園での撮影会。
入園した途端、むせるような香りに包まれました。
満開でした。

DSC03206DSC03212

DSC03229DSC03243

DSC03252
2回目の講座では空はあまり写さない
と注意を受けたばかりでしたが(笑
2枚プリントして、来週は先生の品評を頂きます。