ラフィあみは元気でいます。


父さんには
2,3年前から両手の痛みがありました。
最近は特に左手の痛みが顕著で、
手術を決意。

8月27日朝、入院。
すぐにリハビリ担当医師の問診。
午後6時、執刀医から手術の説明を受けました。
細い女医さんでした。

手首に近い舟状骨が
損傷(原因不明)しているので除去。
その上と横の4つの骨を削って
ボルトとワイヤーで繋ぐ。
その際、腕の骨を移植。
不足ならば、すねの骨も移植。
1週間は足の痛みのために歩けなくなる。
全身麻酔。。。。
ギブスは3か月。。。

内心穏やかではありませんでした。
大それた手術じゃないですか。
それを自分一人で決めてしまった父さん。
何の相談も、事前の説明もなし。
腹立ちも覚えましたが、

それほど堪えられない痛みだったんですね。

ただ、指関節の痛みとは連動していないので
そちらの痛みは残る可能性もある。

握力を気にしなければ骨3個を取ってしまうだけの
方法もあるが、女性向きだそうです。

看護婦さんも
「初めて聞く病名です。どんな具合なんですか」

プライザー病 珍しいそうです。

千葉大学病院は増改築病棟も含め迷路そのもの。
今日は麻酔医からの説明を聞くそうですが、
私は明日、昼前から待機になります。
手術は2番手。3時予定。
3時間~5時間掛かるそうです。
病院ってところは、なんだかいるだけで疲れますねぇ。

唯一楽しみなのは、東棟上階にあるレストラン♪
テレビでも紹介されたくらい美味しいんだそうです。

昨夜はレオともどもスタッフさんが泊まってくれました。
当分引き留めておこうかと。。。(笑



父ちゃん母ちゃん、
しっこもうんPもちゃんと自分でするから
頑張れよ!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
母さん、迷惑かけないようにするね私!

ラフィ・・・・・ステロイド服薬4日目
あみ ・・・・・プレビコックス服薬8日目

うんPはラフィあみとも朝昼2回、上等です。

昼過ぎ、買い物に出たついでに、
雨も降っていましたが、
涼しかったので、運動公園に車を停めました。
あみは先へ先へと進みましたが、
排泄を済ませたところで車に引き返しました。
ラフィが伏せたら、そこが限界。
あみにはいつもラフィに付き合ってもらいます。
CIMG5854CIMG5857