変わりなく過ごしています。
うんもしぃも失敗はありません。
今朝もスペイドに乗って父さんとお散歩へ







母ちゃん、そろそろ一緒に行かない?
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
   母さん、うまうま持ってればどっちでもいいわ。

ラフィ&あみ・・・・・プレビコックス服用3日目

芝生を順調に育てたい父さん、
ワンズのシッコ場所の研究に余念がありません。



13年前に保護した色白の男の子。
自宅近くの知人のご夫婦に育ててもらったラブラドール。
2001年7月30日生まれと決めて私がパルと名づけました。
2002年に去勢、2007年にボールを飲み込み開腹手術。

今日現場に出たところで訃報の電話。
打ち合わせのみで現場はスタッフに任せ、引き返しました。

14年前、ラフィが生涯たった一回マウンティングした
ボンというラブラドールの男の子4歳を無くし、
ペットロス寸前のご夫婦が気がかりだった私は、
まもなく ボンによく似た男の子に出会いました。
1歳未満と思える保護犬ラブラドールでした。
長い後ろ足はへなへなと崩れやすく、
足を挙げてしっこの最中に倒れこむ事がしょっちゅうでした。

半年後の去勢時は26kg、開腹手術時は36kgの
素晴らしいラブラドールに成長しました。

一緒に幕張の海で遊び、谷津干潟をあみと一周、
家へも良く遊びに来ました。


奥様の体調が回復し、ご主人の頸椎の大手術のリハビリが
順調に進んだころ、
パルの足が弱くなり始めました。
まるでご主人の回復を待っていたかのようでした。

18日朝 食事は普段どうりに食べ、夜は拒否。
19日一日食べず、夜12時半、家族の顔を
瞬きもせず見渡してから、静かに息を引き取りました。

明日、荼毘にふす前に、
ラフィとあみにお別れに立ち寄ってくれるそうです。

もしかすると、悔しいけどラフィよりハンサムだったパル。
ご夫婦のうちに来て、美味しいものを食べすぎて太りすぎたけど
とても幸せでした。

眠っているお顔はまだ若若しくて、ハンサムで、柔らかでした。

パル
ラフィあみがそっちに行ったら、迷わないように迎えに来てね。