CIMG7130CIMG7131

これは犬を運搬するためのものです。
背中の両側に絶対曲がらないまっすぐな軽い板がセットしてあります。
ラフィを運ぶのに,以前自分で、縫って作ろうとしたのですが、
背中に負担がかからない為のこの作り(板)に大いに納得し、
自作品は断念しました。


以前から関心があった、犬のコルセット。
ラフィも一度勧められたことがあります。

今朝はラフィと、久しぶりに突き当りの公園に行ってみました。
そこで行きあった、13歳の可愛いコーギーちゃん。

CIMG9987CIMG9981
背骨を挟んで左右、その下の両脇と、4本の骨板でしっかりと胴体が支えられています。
このコルセットで、曲がると痛い脊椎を保護し、飼い主さんの補助で散歩ができます。
足のほうへの神経はまだあるので、車椅子にはしなかったそうです。
抱え上げる時は、前の2本の持ち手が使えます。


CIMG9974CIMG9976

ラフィさん、スペイドにだいぶ慣れたようです。公園まで乗ってきました。

突発性難聴の通院の日。
聴力検査の折れ線グラフは、まあまあ順調な回復ラインでした。
ちょっと悪いのは高い音のほう。(お年のせいかな?と言われ。。。)
次回は1か月後。薬は飲み続けます。



母ちゃん、今日も二人で散歩♪ 明日もな!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
ラフィ&あみ・・・・・プレビコックス服用2日目
東金の沢村獣医科病院の鍼を予約しました。
9時半ごろ、ベッドから起きてきたあみが、吐き戻しました。
5時の夕食分が未消化のまま。
間に合いましたので手のひらで受け止めましたが。

大体が丈夫な胃腸なんですが、年には勝てません。
もう少し、気を付けてやらなければ。。
寒天も、もっと柔らかめにしましょう。
父さんにも、大根の皮を大きいままやらないように注意をしましょう。
消化吸収にもっと工夫をしてやりましょう。
相性の悪い食べ物はないか考えましょう。

うっかり年齢を忘れて居ましたが、
食欲があっても昔のバキュームカーの様な胃腸では無いはずでした。
慎重に考えてやらないといけませんでした。