ラフィとあみの帰ったらごはん(サラとの新生活日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも旅立ちました。 16歳6か月でラフィが居なくなり、アミーゴはその2年後、平成29年12月24日18歳1ケ月18日の生涯でした。   今、Eセターサラと新しい生活をしています。

♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥
ようこそいらっしゃいました♪

初めてのブログは http://green.ap.teacup.com/hidamari/ 
本にしたので動画をすべて写真に取替えました。

平成30年4月までは二頭のラブラドールの日記でしたが、5月1日に迎えた保護犬Eセターと暮らし始めました。
18年暮らしたラブとは全く違う犬種に、これからは戸惑うことが出てくると思います。
でも、可愛さはみんな同じです。
よろしくお願いします。

DSC_1699CIMG0296
今朝のサラ嬢。

行きの散歩は急ぎ足で運動公園に向かうサラさん。
駆け足でついていきます。
運動公園からの帰り道は随分と落ち着いて脚側歩行完璧。
朝は私が。夕方は父さんが車で別の公園へ。
少しづつ筋肉が付くでしょう。

リビングへ入ったのは5時。
DSC_1702 (2)
T首周辺の赤いブツブツがかゆいので舐め壊さないように
胸当てを着せてます。
保険の手配を緊急にしないとね。

5月1日は緊張していたのか元からそうなのか、
感情を表しませんでした。
2年間もお世話になったshokoママの
後追いもしなければ、探したりもしない。
初日でしたが、ご飯作りだけはキッチンに来て見張られました。
キッチンはどの子もすぐにわかるのね。
ご飯は完食。
シッコは庭の誘導地点で。うんもしました。
普通のわんこは初めての家に行くと探検します。
けれど この子は5日目の今日も
リビングから庭へ。
リビング続きのキッチンへ。
この動きしかありません。
家にいるときはリビングでいつも寝ています。
父さんの足の間にお腹を見せてゴロンは最初の日の夜も。
この子は人間がそばに居ればだれでもいい感じ。
私や父さんがいないと寂しがるようになるのかしら。。。
探してくれるのかしら。。。。
ラフィあみだったら、
他の人がリードを握ってもガンとして動かないし、
私がいなくなったら探します。

つまり、特定の人になつくのかしら?

その判断はまだまだ先でしょうが、
彼女の表情やらたたずまいからは、
何となく不安を感じてしまいます。

前の名前で呼んでも聞こえないかのように無反応。
それで4日の朝に急遽名前を変え、サラと名付けました。

小さな動きや、横のものを見ようとしません。
見えてないのか?と気になります。

例えば、掌に肉を乗せます。
ラフィあみは直線的に一発で口にします。
サラは掌の狭い範囲を鼻先でなんどか確かめて、
やっとたどりついています。
掌の狭い範囲にもかかわらず、
どこにあるかわからない風です。
鼻が悪いのか?
動体視力だけなのか?
ん?そんなことはない。
松林の木にぶつかったりしないし。。。

食べ物に関しては、
肉類はほぼ大丈夫ですが、
食べたことがないものは、一応口には入れても食べません。
食べたくても食べれなくなった時(病気等)を考えると、
もう少し、いろいろおいしいものを増やしたい。
その点ラブは、何でもおいしそうに食べてくれましたので、
とても楽でした。
ヨーグルトは好きなので、リンゴを刻んで入れたり、
カッテージチーズを混ぜ込んだりして、やっと慣れました。
単体でも食べてくれるかな?
CIMG0304CIMG0308
これはな~に?(お嬢様風)  ⇒  イケル!(ラブ並み)

CIMG0301
散歩に行く時はダンスのステップで喜びを表現♪
軽やかに踊ります♪ 
回を追うごとに喜びは大きくなりました。

未知数のEセターサラ嬢。。。。。
(元飼い主からの譲渡ではないので、ミックスも考えられます)


母さん、サラはお上品でいいじゃない!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ


サラを見に来たお客様です。
CIMG0224CIMG0222
CIMG0211CIMG0262
ご近所のタイガくん8か月 32kg
細いママさんの膝に腰かけています。
ゴールデン×プードル
無類の可愛さです♪
IMG_2134

15252294670351525229453857

CIMG0179CIMG0181

CIMG0182CIMG0170
5月1日の写真です。
ラフィの季節にやってきたこの子。「サラ」と名付けました。
イングリッシュセター

ひとめ見た若い友人が、直感的にサラと名付けました。
「サ行」の子だと感じたそうです。
涼やかな横顔ときれいな毛並みから♪イメージしたそうです。

以下は2日3日4日の朝散歩です。
DSC_1653DSC_1642
CIMG0300DSC_1682

セターらしく、鳥に興味を示します。
ですが、それほどの執着はありません。
繁殖犬だったようですから。
乳首が異様に大きい。何十頭も生んだようです。
実猟していたのなら、こんなに筋肉が薄いはずがありません。

DSC_1684
視線の先には鳥が数匹います。

奈良から連れてきてくださったshokoママさんを
探すわけでもなく、不安げでもなく、
一日目から朝までぐっすり。
昨日はとうとう、父さんの布団で一緒に。

DSC_1683IMG_2099

食事は生食です。あみの食器で食べています。
DSC_1672
食欲は良く、キッチンを何度も覗きます。

私たちが食事をしていると、クレクレ攻撃が激しく、
ラフィあみでもこんなにあからさまにはしませんでした。
少し、修正が必要です。

そのくせ、食べたことがないものは口には入れても
絶対に食べません。
食べるものは決まっているようです。
翌日2日に近くの獣医さんに診てもらいました。
shokoママのところで歯石を除去してあったので、
判断材料が少ないけれど、
若くはないが、すごく年寄りでもないとのこと。
歯の欠損が下横一本。繁殖犬。
shokoママの獣医さんでは、「一杯生んでいるし、
この年で、今更避妊はしなくても」との見解でしたが、
こちらの先生は
子宮蓄膿症のリスクは無くならないという事でしたので
避妊の方向で考えようと思います。
ヒートは11月だったそうなので、もうすぐヒートが来ます。
終わってからになると思いますが、
その前に、ラフィあみのかかりつけにも相談してみます。

保護犬と説明すると、
自分に譲ってくれないか?
と、獣医さんは相当気に入ったみたいです。
落ち着いていて、どこを触っても嫌がらない、
おとなしい子です。
23.5kg。 (もう少し痩せてもいいかな)
早速、低カロリーのおやつを作りました。

2日から3回目の朝散歩のコースは覚えたらしく
行きの約1kmの松林はランニングさせられています。
目的地の運動公園はロングリードにします。
帰りの松林はしっかり、私の歩調に合わせます。
今朝は5時半出発でした。
犬に興味がなく、しつこくされると、吠えます。
ラフィの声は太かったので、
高い声で鳴くサラにはびっくりです。

大型犬の経験者であること
庭があること
が、譲渡の条件でした。
海が近いという事もうれしいことだったかな。
好きだそうです♪

奈良の大邸宅でお嬢様生活だったらしいサラ嬢は
2年前に保護されてshokoママに預けられました。
フラットコーテッド海くんの介護生活だったママさんと
初めてのコンタクトは、4月11日でした。
私の年齢にもめげず(笑)shokoママは私を信頼してくれて、
GWに来てくれるという事になりました。

ラフィの時もお顔に惹かれました。
サラの時も愛らしいお顔にひきつけられました。
どうも面食いな私。。。
shokoママも相当な美人さんでした。
短いおしゃれなスカートで先の細いとんがったピンヒール
を履いて、高級車から降り立つその姿は
どう見ても犬連れとは想像しがたい????
下りてきた犬は紛れもないイングリッシュセター。
ママによると、「小指でリードよ。一人で走って遊ぶから」
いつもは5m内にいる。
こちらを確認しながら走って遊ぶ。
公園ではノーリードで、いい子と褒められる。
指一つの指示で分かる。
週2回、80歳の女性が散歩に連れ出す。
歩くスピードを合わせる。
飼い犬のフラットくんがしつけたとのこと。
夢のようないい子ではありませんか。

shokoママはケリーと呼んでいました。
名前を変えるのは本犬にも可哀そう。
しかし
私が呼んでも、父さんが呼んでも、びくとも動きません。
聞こえないんじゃないか?と心配するほどに。
私も父さんも、ついついあみ~と呼んでしまうので、
思い切って変えました。

長くなってしまいましたが、続きは又。。。


母ちゃん、俺の妹か?ラブらしくないな。。。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

大型連休一日目

今年は暑くなりそうだからと
父さんがワンタッチテントを買ってきました。
設営、手伝いました。
CIMG0154
やっぱり、日影を作ってよかったです。
すぐに、この日陰で
昨日買ってきた花の苗を植え変えてくれました。

CIMG0152
朝、父さんの小さな畑から採りました。
畑のうしろのうつぎの花が満開です

CIMG0156



母ちゃん、たまには父ちゃん、手伝ってやれよ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

昨日、チビラフィあみの生みの親 マまさんが、
「今度きれいにトリミングしましょうね」って。

耕園のきれいな空気に洗われた心に 
その言葉が入り込みすぎて、、
どうしたことか、今朝になって泣けて泣けて。
ラフィ亡き後、2年もの長い間、私を守ってくれたあみへの
申し訳なさが押し寄せてきました。
昔から私の一番はラフィでした。
あみが18歳になっても 私に危機感もなく、緊張感もなく、
淡々と一緒に暮らしてきました。。
すぐにでもラフィのところへ行きたかった寂しいあみを
一番にできなかった私の悔いがずっと残っています。

DSC09004DSC09006

DSC09008DSC09024

DSC09019DSC09009

DSC09027DSC09031

DSC09033DSC09034

DSC09036

家から40分の犬連れOKの耕園(公園ではない)
畑作業体験教室もあります。

実は芝桜を見に行ったんですが、もう、終わっていて、
ネモフィラとポピーがきれいでした。
まだまだ、花畑は広がる気配です。散歩には程よい広さでした。
風が気持ちよくて、一気にストレスは蒸発していきました♪
牛もいましたので、独特の匂いもかすかにあり、
のんびりした空気を久しぶりに満喫しました。

木々の緑もキラキラと元気よく、ラフィの季節です!


母ちゃん、大きな池があったね。俺、飛び込みそうになったぜ!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー


CIMG0148

わざわざお知らせするほどのものでもないのですが、
このマチのない平べったい小さなバッグ。
最近の愛用バッグです。
「サコッシュ」
斜め掛けに、羽織り物の下にしても
体にぴったり沿うので邪魔になりません。
私の大きすぎるスマホも表面の二個のポケットに
すっぽり収まります。 取り出しやすいです。
軽量安価使いやすいの三拍子♪
二カ月ほど前に偶然お店の隅っこで見つけました。

犬無しだからこれだけでいい。
外出はいつもこれ一つ。 なんとさっぱりしたものです。

沢山ぶら下げて、二頭分のウエストバックは重い。。。
でもワクワク。。楽しい。。。
こんな時代が懐かしいです。


母ちゃん、身軽でいいじゃないか。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー
 

↑このページのトップヘ