ラフィとあみの帰ったらごはん(18歳ラブラドール日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも16歳だったのは23日間でした。16歳6か月でラフィが居なくなり、現在18歳アミーゴの日記になります。

♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥
ようこそいらっしゃいました♪

初めてのブログ http://green.ap.teacup.com/hidamari/ 
は動画を沢山UPしたのですが、本にするので写真に取替えたため、 
自己満足の思い出集になってしまいました。

これまで、老犬介護、病気等多くの事を学ばせていただいた
諸先輩のブログに感謝を込め、 敬意を表して、
自分が経験した事、食餌の事、病気病院のことなどを
真面目に取り上げて行きます。

お暇な時に、お寄りください。

時折、地響きのような雷を聞きながら、午前5時、2頭を車に乗せ
仕事の現場写真を撮りに行きました。
仕事を終えるまでおとなしく待っていた二頭を現場近くの公園で降ろすと
元気良く歩き出した、と思ったら、ラフィが道路でジャーと出しながら歩いてる。。。
ステロイドは多飲、多食。朝一番のオシッコを庭でさせてきたのに。
P8250212

公園は夏祭りの準備が。
歩くかと思ったら、ラフィはすぐにへたる。あみは左肩が かすかではあるが
上下に揺れる。
今日は薬無しの日。 無理をしないで『帰ったらごはん』といつもの呪文を唱えながら
車に乗り込みました。

事務所で仕事をしている足元には3頭のワンコ
23 099

23 098

私もスタッフも移動は爪先立ち。。。。(笑
人もうらやむ犬連れ出勤です♪

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

23 003

小雨が降っています。 涼しかったので結構元気に歩きました。
あみがラフィをさっさと連れて歩くので助かっています。

あみは若い頃、実は ガンドッグレトリーブトライアル(GRT)という競技会の中級で
一等賞をとったことがあるんです。
23

  (雑誌に掲載された写真です)
GRTをはじめてから、いつも何かしら咥えてないと落ち着かないようです(*´∇`*)

(中級は)50メートル先で人がダミーを左右に投げます。
ジャッジが左からといえば 私の「GO」で左のダミーを取って来て
私に渡したら(この時落としたら減点) すぐさま右へと走らせます。
隠されたダミーを咥えて ブッシュから出てきた時の感動は今でも忘れません♪
笛と手の動きで犬を動かします。
が、当時の私は、人間ホィッスルとでも言いましょうか、大声で、
あみに指示を出しておりました(゚∀゚)アヒャヒャ
23 007

23 010

23 008

23 009


はじめたのが6歳。ちょっと遅かったので4年位しかできませんでした。
9歳頃から左前足の異常が出始めましたので。

もっと若い頃は、これ♪
DSCF0014

DSCF0010

DSCF0017

DSCF0022

私の足があみに付いていけず、早々に断念しました・・・・(気ばかり若くて。。。笑

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
あら、老犬高齢犬ブログらしくないですねぇ(笑

今日からラフィのステロイドは一日おきに。
あみのプレビコックスも、一緒に、一日おきにしてみます。

本日の薬は2頭共、チロタブのみ(ラフィ毎日、あみ一日おき)

さて、ラフィとあみのこれまでの事を時々紹介させてください。
ラフィとあみのおしゃべり日記からの抜粋ですが、
ヤラセ写真です
一番最初の犬プール。屋外だったので、すぐに汚れて掃除が大変でした。
しかも季節限定・゚・(ノД`;)・゚・
プールにて

次に作った屋内温水プールは、その後大活躍。
今ラフィが歩けているのはその時に確保できた 可動域と ほど良い筋肉の賜物だと思います。
121

151

ラフィは重症の股関節・肘関節形成不全です。どちらのプールも主人が一人手作りで
完成させました。
温水器はプロパンガス屋さんが、中古を2機提供。なじみの工務店がドア、木材提供。
ほとんど、お金がかかりませんでした。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

ちび台風が去ったので、テーブルに出してあったミシンで遊びました。
20 012

左から、ラフィ、あみの首輪。右はゴールデン4ヶ月の遊君へプレゼント。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

オチビさんたち、最終日。 早朝散歩に付き合ってくれたので、
私と犬の写真を撮ってもらいました。
20 002


20 004


もうすぐだから
パッションフルーツの中身です20 007

20 008

甘酸っぱくて、ぶどうのような食感。種ごと食べます。

2頭のこれまでは
私の陽だまり
の中の「おしゃべり日記」に記録しています。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ


↑このページのトップヘ