ラフィとあみの帰ったらごはん(18歳ラブラドール日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも旅立ちました。. 16歳6か月でラフィが居なくなり、アミーゴはその2年後、平成29年12月24日18歳1ケ月18日の生涯でした。

♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥
ようこそいらっしゃいました♪

初めてのブログは http://green.ap.teacup.com/hidamari/ 
本にしたので動画をすべて写真に取替えました。

諸先輩の老犬介護ブログに学んだことを感謝し、
ラフィとあみの食餌、病気病院のことなどを
取り上げてまいりましたが、2頭とも旅立ちました。
今後は、少しですが老犬2頭が使っていたもので、
まだまだ使えるグッズを紹介していきたいと思います。
興味がある方はぜひお声をかけてください。

お暇な時に、お寄りください。

昨日から冷え込んで雪になりました。

さて、今朝 ラフィはストライキ(笑

朝食を済ませ、車にエンジンをかけて、雪が解けるころ、
主人との散歩の時間です。
玄関で呼べど、ベッドから起きてきません。
服を着せて準備したのに、顔も上げません。

仕方がないので、あきらめて、いったんリビングに戻る主人。。。

陽が差してきた昼前におやつをもってやっとお出かけになりました(笑


昼間は暖かい日差しのデッキで、二人がかりでラフィあみのブラッシング。
静電気の被害をなるべく避け、湿気の多い日と時間を見計らいます。

今日の写真は一枚もなし。

あみの跛行は続いています。私の跛行も続いています。
ラフィは元気に歩いています。




母さん、いつになったら薬が効いて来るのぉ~?
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
薬の記録
ラフィ・・・・・プレビコックス無



午前中はなんとかおとなしくしていましたが、
午後から、気になっていたミシン作業。
前身ごろが短くて、背中の裾がひらひらと捲れるラフィの既成シャツ(左)
私のフェルトになった20年ほど前のセーターの裾を利用して
ゴムを通し前身ごろのお腹周りに縫い付けました。
そして頼りなかった筒袖の先に、私の特許(?)を縫い足しました。
CIMG30992012年1月22日 013

CIMG3101もう一枚も同じように。

4時半ごろ、ラフィが荒れました。
散歩に行こう!!行こう!!と盛んにアピール。
だめなのよと諭しても、「それなら飯だ,飯だ」とわめきました。

注:散歩は玄関に向かって2,3歩歩き、私を見、玄関を見ることを繰り返します。
  飯はキッチンに首を突っ込んで、私を振り返って見て、吼えます。
  または、袖を引っ張ります。

庭に出せというので、戸を開けると、庭の端に行って
騒ぎ立てるしまつ。。。

いったい、いつからこんな家庭内暴力息子になったんじゃい。。。




母さん、ラフィが荒れ狂っている時は私隠れてることにしたわよ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
薬の記録
ラフィ・・・・・20日プレビコックス無し 21日、22日服用

 
大学病院から来る外科の若い先生に診察してもらいました。
あの先生、今日は少し自信ありげに
「立派な骨折です。一か月ギブス外せません。
足をついてはだめです」なんて。。。。
セオリー通りの事を言う。
以前、会った時はもっと若くて、質問しても一般的なことしか答えがでなかったり。。。

松葉杖は足が楽ですが、手がいかれそうです。
両手に50キロが乗っかるんですもの。。。

あみの2回目の注射はさっき墨田の病院へ父さんが行きました。
あみ体重。。23㎏(少し太りました)
カルトロフェンベッツの1回目の注射から、今日まで、効き目が悪くて
あみが可哀そうでした。 

帰ってきたら、こんな甘々なことを。。。
CIMG3086






母さん、一か月はつらいよねぇ~
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


仕事から帰って夕方病院に行ってきました。
CIMG3085

と、こういう結果にあいなりました。
ひねると痛いので、ギブスで固定されていると、都合よく歩けます。
松葉づえも出してくれたのですが、お断りして帰りました。

右くるぶしの端っこ下側のヒコツ骨折がレントゲンでわかりました。

大したことではなかったのに、ご心配をおかけしたことを
恥じております。

ただ、当分、散歩には行ってやれそうにありません。

朝、玄関の上り框に腰を掛けて、ゆっくりと靴を履いていたら
仕事で出かけることを知っているラフィが背中にぴったりとくっついて
そばで、散歩に行こうと誘う主人にいやいやをしていました。

ごめん、ラフィあみ、ちょっと待っててね。




ラフィが行かないなら 私も行かないわよ~
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

夜6時ごろ、4台の車の入れ替えで、
目の前の閉店した大きな駐車場へいったん車をいれてっと。。。
真っ暗な駐車場へ降りて2,3歩小走りしたとたん、
何が起きたのやら、体がぐるりとまわり、しばらくは茫然自失。。。。

尻餅をつき、倒れている自分に気が付き、吐き気、冷や汗、目が見えない。
次に痛みが襲ってきました。

先に仕事用の車を駐車場に置いたスタッフが、車から不意に姿が消えたのを
不審に思い、近づいて声をかけてくれました。
でも、しばらくは触らないで!! でもこの吐き気と貧血はなに?

駐車した車のすぐ前は道路になっており、駐車場と道路の間に幅20センチほどの
雨グレードがあるんですが、ちょうど車の横だけ切れていて、
右足を突っ込んだ状態のままの自分に気が付きました。
でも、足が動かない。抜けない。

それからは、気が遠くなり、主人とスタッフ二人で抱えて
自宅へ運んでもらいました。
吐き気があったので、そのままトイレへ。
右足は痛みでその他の感覚が脱落しておりました。

すぐに主人が湿布を4枚ほど貼り、棒を用意してくれましたが、杖をついても歩けません。

吐いて、トイレでしばらく休んでいました。

春°たんのお父ちゃんにコメントを書いている途中だったので、
書き出したら、だんだん体温が上がり、自分が取り戻せたのですが、
今度は左手がうまく動きません。指の感覚が無いのです。
 そっちのほうがドキッとしました。

これを書いてるうちに、指は動くようにはなりました。
今、ちょうど8時半です。
明日の散歩は絶望的です。
明日も早出の現場があります。
どうなりますやら。。。。。。。。。。痛みは今のところ感じません。

犬の日記のはずなのに、私ごとですみません。
ただの、捻挫でありますように。。。

母さん、いつも私に言ってくれてるから、今日は私が♪
イタイのイタイの とんでけ~
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ