ラフィとあみの帰ったらごはん(17歳ラブラドール日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも16歳だったのは23日間でした。16歳6か月でラフィが居なくなり、現在17歳アミーゴの日記になります。

♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥
ようこそいらっしゃいました♪

初めてのブログ http://green.ap.teacup.com/hidamari/ 
は動画を沢山UPしたのですが、本にするので写真に取替えたため、 
自己満足の思い出集になってしまいました。

これまで、老犬介護、病気等多くの事を学ばせていただいた
諸先輩のブログに感謝を込め、 敬意を表して、
自分が経験した事、食餌の事、病気病院のことなどを
真面目に取り上げて行きます。

お暇な時に、お寄りください。

あわてました~、昨夜は。。。
あみの右の脇の下に大きな真っ赤な湿疹が。。。しかも爪で引っかいたような後が。。。
この所、公園のあのドブに入って遊んでいたからねぇ。
水洗いのみで済ませて、膿皮症にかかりやすいラフィばっかり気にかけて、拭き取りが充分ではなかったかも。
手作り食にしてから、幼い頃のアレルギーも直り、一度も再発しなかったし、すっかり皮膚が弱い事、忘れていたわ。

今日は動物病院の整形に予約検診の日

(ラフィは股関節肘関節形成不全で4本足とも年中、関節痛に悩まされ、あみは8歳の頃から左肘の関節炎がでました)

ラフィの股関節は「前より硬く動きが悪い。足首で歩幅を稼いでいる。今までの注射より、プレビコックスを飲ませる方が良いだろう。ステロイドを期間を決めて試してみたらどうか。痛みを感じなければ、その間に状態は良くなる可能性あり。背中の関節炎もあるが、麻痺は無い」とM先生。

あみの右ひじの痛みは、以前から考えていた幹細胞移植の話をしたら、
「やってみる価値はある。リスクの少ない治療法だ。ただ100㌫の保障付きではない」と。
院長にもじっくりと相談することにします。

あみの湿疹はアレルギー反応を起こしていて、一週間分のステロイドと抗生物質が処方され、、4日後の状態を見せに行く事になりました。

今夜は引っかかないように、靴下履いて寝ましょう

P1010009


ラフィはひんやりジェルマットで熟睡中

P6240233


  

↑このページのトップヘ