ラフィとあみの帰ったらごはん(サラとの新生活日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも旅立ちました。 16歳6か月でラフィが居なくなり、アミーゴはその2年後、平成29年12月24日18歳1ケ月18日の生涯でした。   今、Eセターサラと新しい生活をしています。

♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥
ようこそいらっしゃいました♪

初めてのブログは http://green.ap.teacup.com/hidamari/ 
本にしたので動画をすべて写真に取替えました。

平成30年4月までは二頭のラブラドールの日記でしたが、5月1日に迎えた保護犬Eセターと暮らし始めました。
18年暮らしたラブとは全く違う犬種に、これからは戸惑うことが出てくると思います。
でも、可愛さはみんな同じです。
よろしくお願いします。


今朝の散歩です。囲いの外の草むらに飛び込みました。


もう、どこへ遊びに行っても安心なサラです。
海にチャレンジするのももうすぐです♪


CIMG0429CIMG0440
ついに海が見えました!
CIMG0443CIMG0445
CIMG0449
もう少ししたらね。お楽しみ♪


帰ったらごはん💛

CIMG0450
馬肉130g
避妊に向けて少し痩せよう。


お母ちゃん、公園から「帰ったらごはん」♪

にほんブログ村
ラフィはどう見ても「母ちゃん」と呼んでたわ。
あみはおすまし 「母さん」って
サラは関西人だから「お母ちゃん」・・・でいいかな・・・

CIMG0346CIMG0347
CIMG0355CIMG0361
ラフィあみの
懐かしい「帰ったらごはん」の公園です。
ラフィの足が頼りなくなったら、「帰ったらごはん」「帰ったらごはん」
と歌を歌うと、車まで、ニコニコダッシュ。。
ラフィあみの第二のホームグランドです。
林の向こうは海♪
もう少し暖かくなったら行きましょうね♪

今日はサラを自由にしました。初めてです。

shokoさ~ん! 見てますかぁ?



CIMG0366CIMG0369



母ちゃん、懐かしい場所だ!サラに貸してやるよ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

shoko ママさんからお聞きしました。

奈良でサラを保護した時は、パットはパピーのピンク
お腹周りは、汚れが瘡蓋になり、
脂肪の塊のようなものがたくさんできていたそうです。
半年ぐらいして、そこから膿が出始めましたが、
獣医は悪いものではないとは言ってくれたものの、
ママは泣きながら毎日膿を絞り出していました。
現在では色素沈着はありますが、普通の皮膚になっています。
CIMG0341CIMG0342
CIMG0343CIMG0344
保護当初はなにもかもが初めての様子で、狭いケージの中で
ずっと生きてきたのを感じたそうです。
最初は庭に出るのも芝生も怖かったようです。
何をするのも震えて怖がったサラ。
犬とも遊んだことがなく、近寄ってくる犬にうなったり吠えたり。
愛犬のフラット君の陽気な尻尾ブンブンの友好的な様子を見て
知らない人にも、自分から挨拶できるようになりました。
人から撫でられる幸せを感じるようになりました。

大勢の人、わんこの中、大きな音など、経験させました。
一つ克服するたびに、「できたねぇ」抱きしめて泣いたママ。。

実は昨日さらは私に向かって、う~~とうなりました。
熟睡していたサラのそばにちょっと横になったんですが、
充血した白目を向けて、威嚇したんです。
え? ❓
セカンドママ、びっくりです。(父さんは寝ぼけていると解釈)
そこで、ファーストママに相談しました。
shokoママが沢山話をしてくれました。
最初のころ、自分にもそうだったから「怖くないよぉ~」と
抱きしめてお話を沢山したそうです。

環境の変化でやはりまだ不安があるのかも。
当然ですね。
保護活動やってた友人が言っていましたもの。
自分の犬になるには1年かかる。私は2年かかった。と。

ファーストママが感じていた事。
私も感じています。
・・・・五感が鈍い?・・・・・
見えない?匂わない??聞こえない??
あれ?と思うことがしばしば。
横を見ないんですよね。
父さんを見ている時に、私が横に行っても気が付かない。
寝ている時にそばを通っても、気が付きません。
熟睡が続きます。
犬って、もっと敏感だったはず。
それでも日常生活には一向に困りませんから、
「だいじょうぶです!」
猟犬だから、
遠視なのかな? 集中するために視野が狭いのかな?
犬笛ならすぐに気が付くのかな?
とか、無駄なこと考えています(笑


母ちゃん、俺がそばに居てやれたらなぁ!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
頼むよラフィ。

保護犬の犬育ての大変なところを受け持ってくれた
ファーストママのご苦労を考えもしないで、
きれいな、従順なサラを受け継いだ
セカンドママは、なんてお気楽なんでしょね!


もっと二人でお勉強して自慢できる子にします。
syokoさん
再会の日を楽しみにしていてください。

奈良の山の手のお家が立ち並ぶところに迷い込んだEセター。
飼い主が届け出た様子もなく。。。
すぐにshokoママさんの大きなお家に保護され。。。

それから2年、不思議なご縁で、6時間の長距離を
ものともせず、連れてきていただきました。

それまで反対していた父さんも、ひとめぼれ♪

今日はフィラリアの検査に行ったのですが、
先生、残念そうにサラの頬を両手でなでていました。
(前回、保護犬と聞いて先生も名乗りを上げたんです)
マイナスでしたので、お薬を一個買ってきました。
我が家は2カ月に一度の服用です。
お薬とフロントラインは ネットで個人輸入します。


母さん、 どっちが美人?
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
そりゃ、あみさん、あなたよ!サラはまだひよっこ(笑

あみのウエットスーツをきたりりぃちゃんです。
IMG_20180428_123223IMG_20180428_123240
黒い子は、ショッキングピンクがなおさら目を引きますね。
川はまだ冷たかったけれど、
ウエットがりりぃちゃんの体を守ったようね。

ラフィあみのものを使ってくださってる方から、
こうやって、お便りをいただくのは、
大切な私の思い出にすばらしいおまけがついて来たようなものです。
生きた思い出にしてくれます♪

前回7日の記事
呼び戻し、脚足歩行完璧。 来た時からです。
どこで学んだの?一体あなたの過去は・・・・・
保護される直前まで繁殖犬だったことは確か。

と書きましたが、shokoママさんにお尋ねして
謎が解けました。
DSC_1724DSC_1722

shokoママはフラットと暮らしていました。
その子が余命宣告されてこの半年は介護の生活でしたが、
サラ嬢のお行儀はこのフラット君がしつけたとか。
フラット君の真似をして、お嬢様に変身したのね!
とはいえshokoママの天性の犬使い(?)のうまさを感じます。

散歩の時は一番左をフラット君、shokoママのすぐ左に
サラという風に歩いて、人間の歩調に合わせていました。
トイレ、来い、左に着くこと。
基本はすべてフラットくんに学びました。
鼻や体で誘導してくれたそうです。

呼び戻しの完璧さをみても、
フラット君がどんなに優秀な子であったか
想像がつきます。

残念ながら先月4月21日永眠しました。

保護されて2年間、
まるで、残されたママが困らないようにと
しつけ終えて逝ったようですね。
フラット君が完成させたEセターサラだったわけです。

保護された当初、サラのパットはピンク・・・
(今でも、薄色で軟らかいです)
鼻先は剥けて乾いて・・・

大きなリアクションで寄ってくる人間、
犬を怖がるそうです。

shokoママ語録
「寂しいと感じるより、安心に変わりました」
「行きの車の中、この子私の気持ち読んでると感じました」
「ごめんねとは言わず、ほんとのママん家に行こうねって話しました」

胸がいっぱいになります。

shokoママは6月に海外移住なんです。


母さん、サラちゃんには、ちょっとしたスパイスを仕込んだわ(笑
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

あみにそっくりな時があるんです。
つい、あみって呼んでしまうんですが、
ラフィと私にジェラシーを感じてる時のあみなんです(笑

shokoママへ
勝手にLineのやり取りを載せてしまいました。
お許しください。

↑このページのトップヘ