ラフィとあみの帰ったらごはん(17歳ラブラドール日記)

愛犬ラブラドールが2頭とも16歳だったのは23日間でした。16歳6か月でラフィが居なくなり、現在17歳アミーゴの日記になります。

♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥  ♥
ようこそいらっしゃいました♪

初めてのブログ http://green.ap.teacup.com/hidamari/ 
は動画を沢山UPしたのですが、本にするので写真に取替えたため、 
自己満足の思い出集になってしまいました。

これまで、老犬介護、病気等多くの事を学ばせていただいた
諸先輩のブログに感謝を込め、 敬意を表して、
自分が経験した事、食餌の事、病気病院のことなどを
真面目に取り上げて行きます。

お暇な時に、お寄りください。

今日は新しく始めた新薬の痛み止め3回目の日ですが、
昨日まで 4日間ロキソニンを飲ませていますので、
一日開けて明日、
新薬のトロコキシルチュアブル30を飲ませます。

そして、つい最近、
西の方から実体験に基づくサプリの情報が飛んできまして、
地元のインタードッグの先生に注文しました。
相当お高いと聞いていたのですが、
都会と田舎の違いにびっくり(笑
明日、手に入る予定です。
ロキソニンを止めて、
このサプリを飲ませていこうと思います。
地元の先生は、
「薬ではないので、過度の期待はしない方が。。」と。
お高いので、先生の方が遠慮しているみたいでした(笑
田舎の獣医さんは遠慮深い?

昨日、半年検査を受けた私。
開頭手術から1年半になります。
その節は、ご心配をおかけして、そして、励ましをいただき
ありがとうございました。

半年前の1年検診は造影CT検査でしたが、
執刀医が手放しで喜ぶ(?)経過でした。

年も取りましたし、開頭手術でしたから
今回は、「どこかおばかになってませんか?」
「仕事は?運転は?やっていけますか?」的なことを
尋ねたわけですが、
「くも膜下出血ですから、全く損傷がないわけではありませんが
あなたの場合は場所がね、よかったんです。後遺症がない。
ほんとに幸運でした。ほかに動脈瘤もありません」
「求められる間は仕事を続けてください」
と言われてしまいました。
やめた方が、、と言われれば考えようと思っていたのに(笑

今年はもう一回、半年後に造影CT検査をして、
来年からは1年に1回の検査になります。

外の仕事が長時間におよび、周りは男性ばかり。
昔は山の測量も多くしました。
トイレがありません。
若い私は水分を極端に避けました。
日中は一度もトイレに行かない事が習慣になりました。
長年にわたりそんな生活をつづけたのが、
結局はうん十年後の病気を引き起こしたのではないでしょうか。
そんなことに今頃気が付いたのでした。
男性の仕事に飛び込むことは、
やはりどこかに無理が出るものですかね。

水分摂取量は血液の濃度とか、流れに影響がありますよね。

適齢期に、普通に奥さんになって、
女性らしい生活が結局は健康の元!かな♪

この年になり、大病をして、初めて納得しました。

話がそれましたが、
CIMG6875CIMG6874
これは、人間の夕食時のあみの笑顔(笑
ベッドで待機(遠慮?)していても、期待度満点?
(努力の結果(私の)食事中はおとなしくなり始めました笑)

昨日も今日も、
コラージュフルフル10倍希釈で尻尾のシャンプーをしました。
尻尾はふさふさ♪


母ちゃん、俺の時も尻尾シャンプーやってくれたね。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

CIMG6870CIMG6867

あみの尻尾の上部に被毛が薄くなった部分があります。
ラフィも自由が利かなくなったころから、同じところにありました。
CIMG6863CIMG6861
お座り伏せの時に尻尾をおなかの下に丸めるので接触刺激性なものだと思っていたら、
院長から真菌(カビ)が発見されたと連絡がありました。
お薬が増えたばかりなので、内服薬ではなくシャンプーの提案が。
コラージュフルフルという人間用を10倍に薄めて使うそうです。
早速ネット注文しました。

改めてみてみると、その範囲は小さくなり、毛も生えかかっています。
インタードッグ、オゾンの効果を期待しましょう。
細胞、免疫に働きかけて老体に活を与えてくれますように!

CIMG6857CIMG6856
CIMG6855
同じ場所、同じ服ですが
正真正銘今日の写真です(笑
ほとんど歩きませんでした。
シッコもうんもしませんでした。
また、コチョコチョ作戦でプレゼントをもらおうかな。
痛み止めは飲んでいます。
1週間は続けてみます。

鍼灸が効く子もいるのですが、先生の腕の違いか、
ラフィあみは2か所通いましたが、効果は感じられませんでした。
レーザーは器械を借りたこともありました。
毎日根気よくやって、半月後くらいから効き目が出てきましたが、
1か月しか借りられませんでした。

昨日今日とお昼は起きていて、きょろきょろ、前足パタパタとにぎやかでした♪

おなかの皮膚炎は広がらず、うまい具合に沈静化しています。
オゾンも続けます。関節にもいいはずです。


母ちゃん、もう一度鍼灸かよってみる?
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー
探してみたけど、近くには無いのよね。

血液検査の所見をまだ聞いていなかったので
菜々ママさんに背中を押されて(?)今朝8時半に病院に電話をしました。
院長は手が離せないということで、10分後に今一度電話することに。
こう見えて、気が小さい私、朝の忙しい時間帯は? 夕方お疲れでしょうし?と、
躊躇しておりました。

心臓の数値は高齢犬は高く出るけど放置しないで、お薬を
出してもらうことになりました。
ラフィが飲んでいた高価なベトメディンです。
痛いのはかわいそうなので、と痛み止めの薬は
お許しをいただきました。
実は、電話でお話しする前に、朝食後にもう服薬してました。
お断りしておきますが、ロキソニンは人間用です。
どの獣医さんも「NO」
自分の責任において服薬させています。

しかし、今朝の散歩でも歩かなかったそうです。
写真は一枚もなく、早々に帰ってきました。

現行の痛み止めの薬ではもう効果がないほど
痛みの原因が進行しているのでしょう。
左の手を宙でそっとすべらし、着地はつま先で支え、
すかさず右手を前へという歩き方です。

ご飯は最後まで立って食べています。
立ち上がりもすくっと立ちます。
寝返りも、一回立ち上がり、向きを変えたりしています。
相変わらず、テーブルの横にお座りして、
届かなくなりましたが、私の膝を叩こうとします。
とにかく、食欲が止まりません。すさまじいです(怖いくらいです)

二日に一回、卵白2個の軽いおやつを作っていますが、
3日間は楽勝だったのが、今回は1.5日しか持たなそうです。


母ちゃん、あみの痛み止めはもう無いって事かい?
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

ベッドから、玄関の低床専用車(父さんが作ったあみ運搬機)まで
介護胴着のベルトを両手で持って歩かせようとするのですが、
うまく歩調があわず、手が痛い父さんは毎朝難儀しています。
「ラフィは調子を合わせて歩くのがうまかった」と。
あみは、足を動かさず全体重をゆだねてしまっていますから。
(散歩に行くのを喜んでいません)

痛いそぶりを見せなかったラフィ。
「てへ、ばれちゃった?」って、から元気で歩き出すラフィ。
不自由な体になっても、ちゃんとタイミングを合わせて
負担を軽くしてくれたラフィ。
男の子ならではのやさしさかしら♪
子供のころから心配続きで
高額(当時160万円)な手術も一度は予約をしたことがあります。
悩みに悩みぬいて断念しましたが、
今になって思えば手術はしないでよかった。。
その付き合い方もおのずとあみとは違っています。

あみは老齢期になってから 歯の痛み、足の痛み。緑内障の痛み。。。。。
若い時から病気知らずの子が今頃になって。。。。。
小さい時から心配のない健康体でした。
だから、ラフィに集中できました。
そういう意味ではこの子も親孝行な子です。

夕方、刺激法でプレゼントを奪いました(笑)


CIMG6849
どうもこうもいけません。 ジュースを飲みにそこまで行くのがやっとです。
今日は、院長に痛み止めの相談の電話ができませんでした。


母ちゃん、あみの痛みは俺、よくわかる。
なんとかなんないかなぁ。
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ犬ブログ広場 ラブラドールレトリバー

↑このページのトップヘ